iOS11でiPhone 8 Plus AppleIDの入力不要で初期セットアップ完了できる Apple Watchのペアリングと同じ仕組みになって、カンタンにできるように進化していた

Apple Watchで登場したアニメーションのペアリング

Apple Watchのペアリング(初期セットアップ)のときに、ぐるぐる回るアニメーションをiPhoneのカメラで認識し作業完了したのを覚えていますか?

アカウント情報などの入力を行うことなく、iPhoneとWatchが紐付けできる仕組みでした。

iPhone 8 Plusにもそのアニメーションを使った機能が登場

iPhone 8 Plusを初めて使うときの初期セットアップでも、上で紹介したのと同じ方法で、セットアップ完了できました。

前段取りとして、もともと使っているiOS11にアップデートしたデバイス(私の場合はiPhone 7 Plus)を近くに置いておきます。

セットアップ手順

手順は、iPhone 8 Plusをパッケージから取り出し、電源をONにします。画面に「クイックスタート」の案内が表示されます。

すると、近くに置いているiOS11のデバイス画面に「新しいiPhoneを設定」と表示が現れ、「続ける」をタップし進みます。

新しいiPhone 8 Plusの画面に「ほかのiPhoneを待機中」とのメッセージと、ちいさな点が集まってグルグル回るアニメーションが表示されます。

このグルグル回っているアニメーションを元々使っていたiPhoneやiPadで撮影すると認識し、さらに、新しいiPhoneに、今まで使っていたパスコードを入力します。

(ケースをセットしているのが、iPhone 8 Plus)

これでアクティベートの初期設定は完了し、数分待てば、iCloudのバックアップから復元するか?真新しく別のiPhoneとして使い始めるか?の選択になります。

Apple ID・パスワード入力せずに使える状態に

Apple IDのアカウントやパスワードを入力することなく、カンタン・スムーズにiPhone 8 Plusの初期セットアップ(アクティベーション)が行えるように進化していました。

この記事は、PressSyncにて書きました。

愛用しているケースはこちら。

iPhoneを使い出したらチェックしておきたい裏技はこちら。

講座 開催予定

この記事を書いた人