アウトプットで生きていく

ものくろ(大東 信仁)について

大東 信仁(おおひがし のぶひと)

Web・IT技術をわかりやすく優しくするコンサルタント「教え上手Webコーチ 」 ものくろ です。
「あなたの言葉にできない想いを言語化し、Web・IT技術を分かりやすく優しく、あなた自身で情報発信できる力を提供し、価値を創り出すのが得意です。」

ブロガー・親指シフトユーザー・orzレイアウト考案者。「ものくろキャンプ」を運営しています。

仕事の枠組みを超えて活動の中心としているのがものくろキャンプです。150回以上の体験・実践型ワークショップ・講座を企画・主催し、独特プレゼンテーションを行っています。

WordPressが得意、HTML・CSS・PHPに精通しています。文章は親指シフトで書いています。ニックネームの由来は趣味がモノクロ写真なことからです。

このブログ ”ものくろぼっくす” 運営しています。

1997 年にホームページ作成を覚え、2003年からブログと出会い、その後 10 以上のブログ を開設、豊富な経験を持っています。「ものくろぼっくす」は 2009 年からスタート。去年一年間で 1435 記事(平均 4 記事/日)を書き、一年間でアクセス数(PV)を約 3 倍に成長させ、2016年1月には月間 65万PVを記録しました。 また、数多くの勉強会・イベントに参加し常に最新の知識と技術を習得しています。

Web クリエーターエキスパート 認定保有者、カメラマンという顔もあります。

2012年秋にローマ字入力から親指シフトユーザー。『指がしゃべる』ようにスラスラと 日本語を書ける親指シフトの魅力にとりつかれました。

JISキーボードでも、専用キーボードと変らない快適な「親指シフトタイピング」を実現するために『orzレイアウト』を提案・作成し、親指シフト界に衝撃を与え、革新的と評価されました。“この設定なしの親指シフトはありえない“との声も。その人気と成果からMacPeople2013年10月号にて紹介されています。

9年間勤めた会社員時代には、会社ホームページ作成・会社案内パンフレット作成から、社内のファイルサーバー・データベース(mySQL)サーバー・20台のPC管理を一人で行っていました。特に月間に1万枚の図面と3万点の製品出荷を管理する納品管理システム・社内ネットワークを独自開発・運用・管理を担当した経験を有し、幅広い知識を持っています。

Facebook : https://www.facebook.com/nbigeast 

”ものくろ”とお気軽にお呼びください。

”ものくろぼっくす”というブログ名への想い

ブログ名の元々のルーツは”モノクロ写真”が大好きだったことから。写真撮影から暗室での作品焼き込みまで自分で行う楽しみに魅了されました。

37歳から”人生を劇的に変える”目標へ情報発信するブログと位置づけています。そのためには白でも黒でもなく、様々な事柄との出会い・感じることが大切と考えています。物事を両極端に見るのでなく、幅広い角度から考えて脳を鍛える、その過程を”箱”つまり自分の知識とし、ブログに書き続け「発信」することで人生を劇的に変えつつあります。

この意識を常に持ち、37歳からでも人生を劇的に変える!どん底からでも輝く人生へ行けることへ執念で進む「想い」を込めています。

ストレングスファインダー

ストレングスファインダー(2013年夏に測定)は以下の通り。くわしくは「ストレングス・ファインダー」を通して、語りかける無意識な自分自身の声に耳を澄ませました。を参考ください。

result

2015年4月12日 ストレングスファインダー全順位を測定しました。

  1. 学習欲
  2. 最上志向
  3. 着想
  4. コミュニケーション
  5. 収集心
  6. 社交性
  7. 達成欲
  8. 内省
  9. 個別化
  10. 成長促進
  11. 活発性
  12. 親密性
  13. ポジティブ
  14. 共感性
  15. 未来志向
  16. 自己確信
  17. 運命思考
  18. 包含
  19. 目標志向
  20. アレンジ
  21. 自我
  22. 責任感
  23. 競争性
  24. 慎重さ
  25. 分析思考
  26. 原点思考
  27. 適応性
  28. 戦略性
  29. 信念
  30. 指令性
  31. 調和性
  32. 回復志向
  33. 公平性
  34. 規律性

Webクリエーター能力認定 有資格者

2014年04月20日23時05分49秒

年表

1980年
気がつけば、絵画教室に通っていた、絵と泥んこ遊びが好きな幼少期を過ごす。
1988年2月
小学5年生の時に受けた旺文社模擬試験で理科のみ成績が全国23位と奇跡を起こし、人生を勘違いする。
1989年
うっかり、中高一貫の男子校(大阪明星学園)に受かってしまう。
天文気象部に入部、星とカメラと電子工作中心の生活がスタート
大阪日本橋の電子パーツ屋さんに毎週のように通う。
1990年
第四級アマチュア無線技士取得(自己採点では満点)無線局を開局。「CQ.CQ」とハムの世界にどっぷり浸かる
1991年
MINOLTA SR-7 とNikon FE-2(部の備品)でカメラを知る。
1992年
中高一貫なので気がつけば高校生に。中学の卒業という感覚はなく、卒業アルバムもないということに軽くショックを受ける。
初めてMS-DOSと出会うがさっぱり理解できなかった。
1993年
PC-9801 BXを買ってもらう。N88-BASICをやる気満々だったのに、ROM-BASICしかついてなく、がっかりする。また、キーボードのコストダウンにもがっかり。いきなり、SCSI接続のHDD85MBを導入するも認識させるのに1ヶ月苦戦する。Windows-3.0を知る。

1995年
前期の入試で落ちた鳥取大学農学部に、後期の入試で運良く合格し、もぐりこむ。
1995年
この1年間は写真と天文にどっぷりとハマり。PCがない生活を過ごす。Windows95発売?もまったく知らず。
1997年
念願の乾燥地の研究室に配属。理系だからMacだよね!と思っていたら、Windowsで激しく動揺する。
1997年秋
Windows95?と言っても、Windows3.1ユーザーだったのだから大丈夫だろうと思っていたら、別世界でした。「プロパティ」って何ですか?それ?
1998年
WindowsPCを自作。CPUはPentium166MHzMMX。メモリは16MB。HDDは3.2GB。Windows95はOSR2。今でもOSR2の完成度は一番良かったと思う。
1998年8月
農業土木学会(当時)学生自主企画サマーセミナーに参加(参加感想文

1999年3月
卒業論文『点滴灌漑条件下の蒸発散量ならびに土壌中の水・塩の挙動について』(当時所属 鳥取大学乾燥地研究センター)を発表
1999年8月
農業土木学会 学生海外研修旅行 「モンスーンアジアの水・ひと・農業 -タイ・中央平原-」に参加
2000年8月
農業土木学会(当時)学生自主企画サマーセミナー企画代表者として活動。12大学40名の参加を取りまとめる。
2001年3月
修士論文『TDR法を用いた裸地蒸発量の高精度算定について』を発表
2001年3月
これからの農業土木』(当時所属 鳥取大学乾燥地研究センター)を発表
2001年
イスラエルに留学が決まっていたが、911のテレビ中継を見て、渡航中止を決意。
2003年
博士課程を色々と考えて、ドロップアウト。全く畑違いの分野(金属加工・精密板金)に飛び込む。
2005年
山田俊雄・大東信仁・北村義信(2005)『地表面近くの地温測定による乾燥裸地面における純放射量の推定』日本沙漠学会にセカンドオーサーとして発表。
2013年6月
マレーシアへ行く。最終日、勘違いで飛行機に乗り遅れそうになる。
2016年1月
facebookのメッセージに関する記事がヒット。1日で10万5千PVを記録するも、レンタルサーバーを落としてしまう。ここでレンタルサーバーをSixcoreさんからAWS(網元AMI マネージドプラン)へ変更。ブログの外観をバズ部さんのXeoryに変更。
月間sアクセス数が65万PVを記録。
2016年2月15日
東京千代田区へ拠点進出
2016年3月20日
ブログの外観(テーマ)をLIQUID PRESSに変更
2016年3月
ブログ ものくろぼっくすの月間アクセス数が25万PVとなる。

古い自己紹介ページはこちらから

こっそり運営しているWebサイト

InstagramからFlickrにアップロードした時に、iftttを活用して自動で更新されるブログです。

最終更新:2016-07-10
作成:2014-04-20

情報発信 個別コンサルティング

Web・ブログのコンサルティング・ご相談のご依頼を受け付けております。

・Webを活用して本気でビジネス・人生を切り開きたい方
・Webのテクニカルな改善でお悩みの方
・アイディアはあるのに、記事の文章にするのがうまくいかない方
・親指シフトを本気で習得したい方

そんな多様なお悩み、そして、さらに隠れていて見えないお悩みも見つけます。

ダイレクトにアドバイス。そして、ご自身の問題解決力を手にしていただく時間を。このブログ2400記事をアウトプットした経験に基づく良質なノウハウ・スキルを手に入れてください。時間の大切さを感じてるあなたへオススメです。

ものくろキャンプ 個別レッスン・コンサルティング。

お申し込みはこちらのお問い合わせフォームからお願いします。


お申し込みはこちらのお問い合わせフォームからお願いします。