Orzレイアウト バージョンアップ手順 -KeyRemap4Macbook-

KeyRemap4Macbook にて設定するOrzレイアウト。小刻みにバージョンアップを繰り返して、使い勝手を良くする方法で進めています。

改良意見に素早く対応していますが、短期間に何回バージョンアップするん?となっています。


なおインストール手順は別ページです。
[箱] 親指シフト Orzレイアウト 導入方法 -KeyRemap4Macbook- 


バージョンアップ手順を説明します。

2013-09-27追記:最新版  Ver.0.170にアップデートしました。
[箱] 【OrzレイアウトVer 0.170 バージョンアップ】親指シフト KeyRemap4MacBook 8.4.0で動作しないのを修正 

最新版はこちらからダウンロードできます。

バージョンアップ

2013/03/26日 アップ の[Ver. 0.16] にて説明を進めます。こちらからzipファイルをダウンロードし、解凍します。

orzinst001

  • orz フォルダ 
  • private.xml 
  • orz_016_readme.txt 

3つになります。一番下の”orz_016_readme.txt” は動作には不要なので、移す必要はありません。バージョンがわかるように添付しています。

インストール済みのOrzレイアウトのバージョンが「Version.01139」以降かどうかで、手順が変わります。

このバージョンナンバーは目立つように変なのにしてます。バージョンを確認するにはprivate.xml を開くと確認できます。

2e10

このprivate.xml なら「Version.01139」以降です。
下のコードならば、古いものになります。

old_orz

各々バージョンアップ手順を見ていきます。

「Version.01139」以降

解凍した中にある「orzフォルダ」を上書きし、「ReloadXML」をクリックして、新しい設定を有効にします。

orzinst008

これでバージョンアップ完了です。引き続いて、それより古いバージョンの場合での、バージョンアップ手順を見ていきます。

古いもの

private.xml を書き換えますので、org_private.xml などの名前にて始めにバックアップします。

カスタマイズ設定 有り

テキストエディットでなどを使って、カスタマイズ設定を残して、古いorzレイアウトのコードを削除します。

その後、解凍したprivate.xml の中から下の通りのコードを抜き出し、元々のprivate.xml に貼り付けます。

orzinst005

書き換えできたら、解凍した「orzフォルダ」を上書きし、「ReloadXML」をクリックして、設定を有効にします。これで作業完了です。

orzinst008

カスタマイズ設定 なし

orzinst002

バックアップ後、解凍したprivate.xml ・ orzフォルダをコピーし上書きします。

orzinst003

「ReloadXML」をクリックして、設定を有効にします。

orzinst008

ここでエラーが表示された場合はコピー忘れがないか?を再確認してください。

orzinst009

バージョンアップ手順は以上です。改良された楽ちんのレイアウトの世界にようこそ!。

この記事を書いた人