設定ファイルソース|orzレイアウト | 親指シフトの右手1列ずらし

  • ブックマーク

HHKBやMacキーボードでの親指シフト入力するときに親指キーの配置がもう少しという悩みがありました。

これに対応するために、Keyremap4Macbookの力を借りて、右手ホームポジションを右にずらす大馬鹿野郎な非常に理にかなった解決方法を考えました。

有りがたいことにorzレイアウト設定はKeyremap4Macbookのパッケージに同梱して頂きました。こちらにそのあたりと使い方などは記事にしました。せっかく作った設定なので、ソースをさらしておきます。

ソース

設定はprivate.xmlとr_oyayubishiftinput_roman.xmlの2つのファイルからできています。 「private.xml」は下の設定を作ります。

  • 右手1行ずらしのキー配置r_oyayubishiftinput_roman.xmlを呼び出して、左シフト=スペース、右シフト=かなの機能を割り当てます。
  • ]キーをDeleteキー(後退キー)として機能させる設定。
  • ATOK向けの3つの設定
    • Yキーで全角カタカナ変換(”Ctrl + I”)
    • Hキーで半角英数 変換(”Ctrl + @”)
    • Nキーで再変換(”Ctrl + Shift + Y”)

どの設定もJAPANESE...を入れて、日本語入力時のみの動作にしています。

「r_oyayubishiftinput_roman.xml」は右手のホームポジションを右へ1列ずらした設定を定義しています。JAPANESE...の設定を持っているので、日本語入力が「ON」の時のみ機能します。

列ずらす様な指示をしているわけではなく、単純に1つ1つキーを再定義しています。コードは手作業です。

良い作り方かは分かりませんが、機能を実装できれば良いかなと。

private.xml

[xml]

<?xml version="1.0"?>
<root>
<!– Oyayubi R 1 line Shift worte by N.bigeast —>

<item>
<name>Oyayubi R 1 line Shift</name>
<item>
<name><ローマ字モード> 右手1行ずらし 左シフト=スペース, 右シフト=かな</name>
<identifier>remap.oyayubi_shift_roman_space_kana_migi_shift</identifier>

<include path="r_oyayubishiftinput_roman.xml">
<replacementdef>
<replacementname>LEFT_THUMB</replacementname>
<replacementvalue>KeyCode::SPACE</replacementvalue>
</replacementdef>
<replacementdef>
<replacementname>RIGHT_THUMB</replacementname>
<replacementvalue>KeyCode::JIS_KANA</replacementvalue>
</replacementdef>
</include>
</item>

<item>
<name>]キーをDeleteキーにする(後退キー)</name>
<identifier>remap.jis_oyayubishiftinput_Bracket_right_2_backspace</identifier>
<inputmode_only>JAPANESE</inputmode_only>
<autogen>–KeyToKey– KeyCode::JIS_BRACKET_RIGHT, KeyCode::DELETE</autogen>
</item>
<item><name>— ATOK 設定 ———————————————–</name></item>

<item>
<name>Yキーを全角カタカナ変換(”Ctrl + I”)にする。</name>
<identifier>remap.jis_oyayubishiftinput_Y_key_2_Ctrl+I</identifier>
<inputmode_only>JAPANESE</inputmode_only>
<autogen>–KeyToKey– KeyCode::Y, ModifierFlag::NONE, KeyCode::I, ModifierFlag::CONTROL_L, KeyCode::VK_NONE</autogen> –>
</item>

<item>
<name>Hキーを半角英数 変換(”Ctrl + @”)にする。</name>
<identifier>remap.jis_oyayubishiftinput_H_key_2_Ctrl+@</identifier>
<inputmode_only>JAPANESE</inputmode_only>
<autogen>–KeyToKey– KeyCode::H, ModifierFlag::NONE, KeyCode::JIS_ATMARK, ModifierFlag::CONTROL_L, KeyCode::VK_NONE</autogen> –>
</item>

<item>
<name>Nキーを再変換(”Ctrl + Shift + Y”)にする。</name>
<identifier>remap.jis_oyayubishiftinput_N_key_2_Ctrl+SHIFT+Y</identifier>
<inputmode_only>JAPANESE</inputmode_only>
<autogen>–KeyToKey– KeyCode::N, ModifierFlag::NONE, KeyCode::Y, ModifierFlag::SHIFT_L | ModifierFlag::CONTROL_L, KeyCode::VK_NONE</autogen> –>
</item>

<item><name>————————————————————</name></item>
</item>
<!– End Oyayubi R 1 line Shift —>

</root>
[/xml]

r_oyayubishiftinput_roman.xml

[xml]
<?xml version="1.0"?>
<root>
<!– Oyayubi R 1 line Shift worte by N.bigeast —>
<item>
<name>Oyayubi R 1 line Shift</name>
<item>
<name><ローマ字モード> 右手1行ずらし 左シフト=スペース, 右シフト=かな</name>
<identifier>remap.oyayubi_shift_roman_space_kana_migi_shift</identifier>
<include path="r_oyayubishiftinput_roman.xml">
<replacementdef>
<replacementname>LEFT_THUMB</replacementname>
<replacementvalue>KeyCode::SPACE</replacementvalue>
</replacementdef>
<replacementdef>
<replacementname>RIGHT_THUMB</replacementname>
<replacementvalue>KeyCode::JIS_KANA</replacementvalue>
</replacementdef>
</include>
</item>
<item>
<name>]キーをDeleteキーにする(後退キー)</name>
<identifier>remap.jis_oyayubishiftinput_Bracket_right_2_backspace</identifier>
<inputmode_only>JAPANESE</inputmode_only>
<autogen>–KeyToKey– KeyCode::JIS_BRACKET_RIGHT, KeyCode::DELETE</autogen>
</item>
<item><name>— ATOK 設定 ———————————————–</name></item>
<item>
<name>Yキーを全角カタカナ変換(”Ctrl + I”)にする。</name>
<identifier>remap.jis_oyayubishiftinput_Y_key_2_Ctrl+I</identifier>
<inputmode_only>JAPANESE</inputmode_only>
<autogen>–KeyToKey– KeyCode::Y, ModifierFlag::NONE, KeyCode::I, ModifierFlag::CONTROL_L, KeyCode::VK_NONE</autogen> –>
</item>
<item>
<name>Hキーを半角英数 変換(”Ctrl + @”)にする。</name>
<identifier>remap.jis_oyayubishiftinput_H_key_2_Ctrl+@</identifier>
<inputmode_only>JAPANESE</inputmode_only>
<autogen>–KeyToKey– KeyCode::H, ModifierFlag::NONE, KeyCode::JIS_ATMARK, ModifierFlag::CONTROL_L, KeyCode::VK_NONE</autogen> –>
</item>
<item>
<name>Nキーを再変換(”Ctrl + Shift + Y”)にする。</name>
<identifier>remap.jis_oyayubishiftinput_N_key_2_Ctrl+SHIFT+Y</identifier>
<inputmode_only>JAPANESE</inputmode_only>
<autogen>–KeyToKey– KeyCode::N, ModifierFlag::NONE, KeyCode::Y, ModifierFlag::SHIFT_L | ModifierFlag::CONTROL_L, KeyCode::VK_NONE</autogen> –>
</item> <item><name>————————————————————</name></item>
</item>
<!– End Oyayubi R 1 line Shift —>
</root>
[/xml]

キーボードは単なる道具ではないと考える、あなたにおすすめ!

散財したアイテム

最近の散財はこちら!

出張に便利そうなコンセントを買った!塩は、ぬちまーす。

【WordPressブログ スタートアップ講座 開催決定しました】

12月30日  木曜日
・10時から18時
・Kitchen Bee(4名)とオンライン(4名)のハイブリッド開催です。(リアルは残り2名!)
お申し込みページはこちら

オンラインのスタートアップ講座、気になっていたけど、4日間に分かれていて、スケジュールが、、というあなた。オンラインでも1日でOKなスケジュールを作りました。

ぜひ、この機会に、情報発信の母艦を一緒に作りましょう。

また、「ブログをスタートしたい」という方に、すごく良い講座あるよっと、ご紹介いただけると、飛び上がって喜びます。

よろしくお願いします。

(なお、リアルの会場は、Kitchen Beeにて人数を制限し、感染症対策を行って開催します。)

追伸、

また、11月3日の19時から20時の1時間、ものくろキャンプ交流会を開催します。こちらは、少人数ですが、Kitchen Beeのお席もご用意できる予定です。

オンラインとハイブリッド開催しますので、オンライン参加も大歓迎です。イベントを立ち上げますが、まずは、カレンダーに丸印を!

ブログスタートアップ講座のお申し込み告知ページを見逃したくない!という方は、下のメールマガジンにご登録ください。

お申し込み開始時にご案内をお送りします。

無料メルマガ発行中

メルマガも2021年は頑張って書いています。ぜひ登録して読んでくださいね。(無料です)

メールマガジン
無料で購読
メールアドレス *
* 必須項目

【案内板】

このブログをはじめて読んだあなたへ
ぜひ読んでもらいたい記事を用意しました。

オンラインショップあります

↓ 下のバーナーをクリックすると移動します。


Youtube

  • ブックマーク

この記事を書いた人

テストテスト