“青春18きっぷ”で私鉄連絡するときに気を付ける1つのルール

今は春休み。青春18きっぷが使える季節です。温かくなり、遠くへ行きたいですよね。列車の中で時刻表をめくる音が聞こえます。

この18きっぷはJRのみ使えるきっぷです。私鉄など相互に連絡している場合にあれ?どうなんだろうと思うことがあります。

ICカードの場合、特に困ります。入場記録だけ残ってしまうと、次の時に使えなくなってしまい何かと大変だからです。

R0015305

18きっぷは自動改札機を通れないきっぷです。

五回分使える切符で、五日間(連続していなくてOK)か、同じ行程のグループ(五人でも二人でも)で使えます。このルールは自動改札機では処理できないからです。

一方、ICカードは機械でしか処理できないですし、改札を入った記録と出た記録、またどれくらいの滞在時間なのかをチェックして、不正行為を防止しています。

乗り換えの時に、18きっぷとICカードをどう引き継げばいいのか?迷いました。

シンプルに

どうすればいいのか?駅員さんに聞きいたところ、簡単に解決しました。

18きっぷを駅員さんが確認し、改札口駅員室の秘密のボタンを操作し、「タッチして通ってください」と案内されて、自動改札を通ることが出来ました。下車駅では普通に自動改札にタッチして改札を通り、同時に精算も終わりました。

「聞くのは一時の...です。」聞いて良かったです。ぐるっと回ってJR改札から一度出て、私鉄の改札から入るのは大変です。

例:鶴橋 (大阪)

具体的な例でもう一度。おおひがしが関西圏なので、鶴橋駅で説明します。この駅は、JR / 私鉄 近鉄 / 地下鉄 3つの駅があります。JR と 近鉄はホームとホームを直接行き来できます。

ホームとホームの連絡通路の真ん中に自動改札機があります。JR と 近鉄のきっぷを2枚同時に入れて通れます。片方のみでは通れません。

自動改札機を通れない18きっぷ。どうするの?となります。私鉄乗り継ぎきっぷを買うにも、ココまでのJRのきっぷを券売機に入れる必要があります。

どちらにしろ駅員さんに相談となるのですが、ICカードは使えないと思い込んでいました。「ICカードと18きっぷは組み合わせできないよ」との記事を書こうと思って、確認で聞いたのですが、手慣れた操作でと素早く「はい、ICタッチして通ってくださいっ」と言われました。

あーやっぱり聞かないと、これ大事だなぁと感じたので、記事にしました。

18きっぷは素晴らしい

18きっぷは本当に特別で、素晴らしいきっぷとも思います。このルールをしっかり理解して利用できれば良いですが、なかなかそうも行かないです。

「使い方が難しいきっぷ」だとレッテルを貼られて、利用者が減ってしまうと廃止されるかもしれません(あり得ない話ではないと思います。周遊券の廃止がそうです)。

きっぷを使っている時に分からないことが出てきたら、その時に駅員さんに尋ねて対応をその場でしてしまいましょう。スムーズに旅行できます。そして、その知恵をみんなでシェアしていけば、みんなが18きっぷを使って、素晴らしい旅に行けますから。

train_hiroshima

こんな出会いもあります。楽しいですよね。

シェア大歓迎

この記事が役に立ったり、参考になったり、読んで嬉しいと感じていただけたら、ぜひ下のボタンからシェアしてください。シェア・ツィートしていただけると、飛び跳ねるほど嬉しく、今後の記事作成の原動力になります。

大歓迎です!ぜひシェアしてください。


広告

こっそり感想を送信する

この記事を書いた人

ものくろ(Webコーチ)

株式会社あみだす 代表取締役 / 博士課程中退(農学) / ブロガー / Web&Blogコーチ / 親指シフト orzレイアウト開発者 / 講師 / フリーランス / 旅人 / 民事裁判経験者 / 毎月どこかに出張

ブログは月間65万PVを記録(2016年1月)。 これまでに250回を超えるワークショップ開催・のべ1,200名のブログサポートに携わる。

WordPressが得意 / 好きなもの(無刻印キーボード・十割蕎麦・湯葉)/ あまり好みでないもの(ブロッコリー・値切り)

開催している講座に参加する

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします

あわせて読みたい

記事のタイトルとURL をコピーする!

広告

Facebookを使うノウハウ公開中

農家・フリーランス・経営者向け SNS使いこなしセミナー (2018年1月版)の内容を全文公開中!

無料 メルマガ発行中

運営しているものくろキャンプの講座・イベント開催情報や、ちょっと役立つ情報をお届けしています。

ほぼ毎日発行しています。

Web・Blogコーチのご依頼はこちら

Web・ブログのコンサルティング・ご相談のご依頼を受け付けております。

  • Webを活用して本気でビジネス・人生を切り開きたい方
  • Webのテクニカルな改善でお悩みの方
  • アイディアはあるのに、記事の文章にするのがうまくいかない方
  • 親指シフトを本気で習得したい方

そんな多様なお悩み、そして、さらに隠れていて見えないお悩みも見つけます。

ダイレクトにアドバイス。そして、ご自身の問題解決力を手にしていただく時間を。このブログ2400記事をアウトプットした経験に基づく良質なノウハウ・スキルを手に入れてください。時間の大切さを感じてるあなたへオススメです。

ものくろキャンプ Web・Blogコーチ セッション

お申し込みはこちらのお問い合わせフォームからお願いします。

お申し込みはこちらのお問い合わせフォームからお願いします。

ものくろキャンプ イベント案内

ものくろキャンプの開催スケジュールはこちら

広告