動画【Premiere Pro】収録音声の改善は3つでOK エフェクト テクニック

  • ブックマーク

動画収録した音声を改善するために、adobe Premiere Proで、いつも活用している3つのオーディオ エフェクトがこちら。

今回のテクニックは、講座などの話している音声を聞きやすく改善できる。

改善前と改善後を聞き比べ

まずは、どれぐらいエフェクトで処理すると、聞きやすくなるのか、聞き比べて欲しい。

音声の収録は、Yamaha YVC-1000 を使っている。(収録コンディションがイマイチな音声を使っている。違いを感じて欲しい。)

↓ 収録したそのまま

↓ 3つのエフェクト処理を行った後

雑音が減り、聞きやすくなっている。

3つのエフェクト

  1. クロマノイズ除去
  2. パラメトリックイコライザー
  3. Multiband Compressor

これら3つのオーディオエフェクトを使う。処理の順番も大切なので、この順番にエフェクトを適用する。

クロマノイズ除去

プリセットを「軽いノイズリダクション」を選択。

フォーカスの処理を「両サイドが下がる(下の写真を参照)」を選ぶ。低い周波数と高い周波数のノイズを減らす。

量は初期値(20%)のまま。

パラメトリックイコライザー

プリセット「ボーカル強調」を選択する。操作はプリセット選択のみ。

音声(ボーカルの音)だけを浮き上がらせてくれて、聞きやすくなる。

Multiband Compressor

プリセット「歯擦音除去」を選択する。操作はプリセット選択のみ。

「さしすせそ」を発音するときに、発するシューっという音(歯擦音)を取り除く。

肉声をそのまま聞いている場合は、人間の耳が優れているためか、気にならないが、動画に収録した音声だと、このシューっという音が目立つので、エフェクトで除去して、聞きやすくする。

まとめ

  1. クロマノイズ除去
  2. パラメトリックイコライザー
  3. Multiband Compressor

3つのオーディオエフェクトを音声トラックに適用すると、グッと音質が聞きやすくなる。

音質は、動画の大切なファクターだ。3つの操作だけで、音質が向上するので、常にこれらのエフェクトを使っている。

  • ブックマーク

この記事を書いた人

情報発信ナビゲーター 大東 信仁

情報発信ナビゲーター / 博士課程中退 / ニックネーム : ものくろ / ブロガー / WordPressが得意 / orz レイアウト開発者 / 株式会社 あみだす 代表取締役