XAMPP Windows版 1.7.7をインストール

XAMPP Windows版 1.7.7をインストールします。

XAMPPのインストールは以下のサイトを参考にしました。
参考:XAMPP上にWordPressを簡単に導入する方法
http://www.tatuo-web.com/wordpress/xampp/introduction/

http://www.tatuo-web.com/wordpress/xampp/xampp2/

XAMPP Windows版 1.7.7インストール版をダウンロードします。

http://www.apachefriends.org/jp/xampp-windows.html#2671

初めに、インストーラーの使用言語を聞かれます。

(インストール後は、日本語が使えます。)

ここでは、「English」を選択します。

VISTAのUSER Account Control (UAC)の注意表示がされます。


[補足] UACを無効にする方法:レジストリで設定

レジストリ操作は自己責任で願います。

参考:Windows Vista UAC(ユーザーアカウント制御)機能を無効にする方法

  1. レジストリエディタを起動する
  2. ユーザーアカウント制御]ダイアログが表示されたら、[続行]ボタンをクリック(管理者アカウントの場合)、または管理者アカウントのパスワードを入力して[OK]ボタンをクリック(標準アカウントの場合)する
  3. 左ペインで以下のキーを開く
    • HKEY_LOCAL_MACHINE¥SOFTWARE¥Microsoft¥Windows¥CurrentVersion¥Policies¥System
  4. 右ペインで「EnableLUA」エントリをダブルクリックする
  5. 以下の要領で[値のデータ]を設定し、[OK]ボタンをクリックする
    • 0 無効
    • 1 有効
  6. システムを再起動する

インストーラーが起動します。

インストーラにて、新インストール先を、「c:¥xampp」にします。

インストール先フォルダを変更すると、トラブルの原因になります。

以下のシステムオプションに、チェックが入っているのを、確認します。

XAMPPデスクトップ

■デスクトップにXamppアイコンを作成

XAMPPスタートメニュー

■スタートメニューにApache Friends XAMPP フォルダーを作成

サービス

■Apacheをサービスとしてインストール

■Mysqlをサービスとしてインストール

ここで、インストールが完了と表示されます。”Finsh”を押します。まだ、初期設定が残っています。しかし、作業が終わるまでもう一息です。

自動で、Apache2.2 サービス開始の設定をインストーラーが行ってくれます。しばらく待つとコンソール画面は自動で閉じられます。(注意:へんな画面が出たと勘違いして、コンソールウィンドウをマウスで閉じないでください。)

インストールと初期設定が完了したので、「XAMPPコントロールパネル」を今すぐ開きますか?と聞かれるので、”はい”をクリックします。

XAMPPコントロールパネルの設定は以下の通りです。

XAMPPコントロールパネルアプリケーション ウィンドウ にて以下2つチェックが入っていること、Runningになっていることを確認し、画面を閉じます。下の画面を参考にしてください。

■Svc Apache Running

■Svc Mysql   Running

*FileZillaもRunningになっていますが、無視してください。

以上にて、XAMPP インストール完了です。

動作確認は、以下のアドレスをブラウザーのアドレスバーに入力して、

XAMPP初期画面を表示します。

hppt://localhost/

インストール成功!で上の画面が表示されます。初回のみ、使用言語選択画面が表示されます。

その次からは、XAMPPの通常トップページが表示されます。


加筆:2012/03/15日 画面写真を追加、加筆しました。


  1. WordPressのクローンをローカルPCの上で作る。
  2. XAMPP Windows版 1.7.7をインストールします。
  3. ローカルPCにデータベースを準備します。
  4. サーバーMySQLデータベース バックアップ 実行
  5. ローカルPCへのMySQLデータベース リストア 実行
  6. FTPによる、サーバー上ファイルのバックアップとローカルのwp-config.phpの設定

XAMMPをインストールした後は、Apacheや.htaccessの設定は避けて通れません。でも分かりにくい設定項目なのも事実。そんな時に調べやすく、リファレンスとして役立つのがこちらです。おすすめ!です。

この記事を書いた人