iTunesをインストールせずにWindowsPCとUSBドックケーブルで繋ぐ!iPhone4s 情報

iPhone4sの写真データの取り込みやSIMフリー端末でのUSB経由テザリングを行うには、iTunesをインストールしておく必要があります。しかし、仕事のPCにiTunesを入れるのが抵抗を感じますし、システムドライブの空き容量が少なく、インストール出来ない場合もあります。

そんな時に、iTunesをインストールせずに、USB接続に必要なドライバーのみをインストールする方法があるので、まとめました。

iTunesSetup.exeを解凍してUSB接続に必要なドライバーのみをインストールでき、iTunesがなくてもUSBドックケーブルでPCと接続できるのです。

準備

必要なソフトをダウンロードします。

7-Zip File Managerはインストールします。 7zip File Manger インストール ガイド

くわしいインストール方法はこちらを参考にしてください。

ドライバーファイルの準備

7-Zip File Managerで、iTunesSetup.exeを解凍します。合計6つのファイルが含まれています。

これらのなかで必要なのは下の2ファイルです。

  • AppleApplicationSupport.msi
  • AppleMobileDeviceSupport.msi

AppleApplicationSupport.msi

AppleApplicationSupport.msiをインストールします。

インストールフォルダの指定です。初期設定のまま進みます。

インストールが進みます。よく見るとソフトの名前がなく「をインストールしています」と表示されています。大丈夫なので安心してください。

インストール完了です。

AppleMobileDeviceSupport.msi

引き続き、AppleMobileDeviceSupport.msiをインストールします。

ライセンスを確認し、”accept”をチェックし進みます。

インストールフォルダの指定です。初期設定のまま進みます。

インストールが進みます。

インストール完了です。

USB接続

ドライバーのインストールが完了したので、USBドックコネクターでiPhoneとWindowsPCを接続します。自動的にデバイスドライバーのセットアップが始まります。

セットアップ中です。

デバイスドライバーのインストールが完了しました。

iPhone4sを認識し、ポータブルデバイスとエクスプローラーに表示されました。これでカメラ撮影データ領域をドライブとして扱える準備ができました。

デバイスドライバーインストールの後、しばらくしてもポータブルデバイスの表示が出ないときは、一度USBケーブルを”抜き差し”してください。

SIMフリー iPhoneの場合は、これでUSB経由のテザリングができます。無線LANの接続より、通信が安定していることと、セキュリティが確保できるので、メリットが大きいです。

まとめ

iTunesをインストールせずに、セットアップファイルのiTunesSetup.exeからUSB接続に必要なドライバーのみを取り出して、インストールしました。

これにより、iTunesがインストールされていない環境でも、iPhone4sを認識し、ポータブルデバイスとして、カメラ撮影データ領域をドライブとしてアクセスできるようになりました。

SIMフリー iPhoneの場合は、これでUSB経由のテザリングができ、セキュアで安定した通信をおこなえます。これはメリットが大きいです。

iPhoneを自在に操るあなたにおすすめ!

この記事を書いた人