WordPressで英語のメッセージが出てびっくりして固まるのはわかりますが、読んでみませんか?

  • ブックマーク

WordPressを使っていて、よく質問を受けるのが、

「この英語のメッセージは大丈夫なんですか?」です。

ほとんどの英語メッセージは「使ってくれてありがとう、良ければ、レーティング(評価)してねー」なのです。

例えば↓

Hi, you’ve been using the EWWW Image Optimizer for a while, and we hope it has been a big help for you.
If you could take a few moments to rate it on WordPress.org, we would really appreciate your help making the plugin better. Thanks!

こんなの。

英語だっで、思考停止してませんか

英語だ!というだけで思考停止しないで。

というのが、この記事の言いたいこと。

いや、まあぁ気持ちは、わかります。

私も、27年前に、Windows3.1を使い出して、海外のアプリをインストールしたら、メニューが英語で、びっくりして、ドキドキしました。

ええ、ドキドキする気持ちはわかります。

そして、そっと画面を閉じたい気持ちもわかります。

でもね。

Google翻訳使えばいいですよ

当時より、今は便利なんですよ。

その文字列をGoogle翻訳に貼り付ければ、なんとかなります。

上の英語を放り込んだ結果がこちら↓

こんにちは、しばらくの間EWWW Image Optimizerを使用してきましたが、皆さんにとって大きな助けになることを願っています。
WordPress.orgで評価するのに少し時間がかかる場合は、プラグインの改善にご協力ください。ありがとう!

ちょっと変だけど、このメッセージはそれほど重要じゃないは、わかるわけですよ。

どうして翻訳してくれないの?

そりゃわかるけど、どうして日本語に翻訳されていないの?と、聞かれることもあります。

WordPressは翻訳して表示する仕組みをもっています。

が、

翻訳そのものは、ボランティアでコツコツ手作業なのです。

そして、圧倒的に手が足りていません。

そのため、優先順位が高い部分から翻訳されていきます。

だからと言って、英語の表示は優先順位低いわけじゃない

だったら、英語のメッセージは全部無視すれば、いいの?

そういうわけには行きません。

中には、重要なメッセージもあります。

よく聞かれるのが、「トラブルに、どうして、そんなに対応できるの?」

なのですが、「英語だろうが、読めなくても、表示されるメッセージは何か?」をしっかりチェックしているのです。

自分が、知らない・わからないメッセージは、そのまま、Googleで検索すると、ヒントが見つかります。

英語のメッセージなんてどうせ私は理解できない

「どうせ、私は英語のメッセージを理解なんて無理」という、心理ブロックを外してみませんか?

どうせ、無理。

この気持ちを外して、ちょっとトライしませんか?

Google翻訳もありますし。

それでもわからない場合もあるでしょう

それでも、理解できない時もあるでしょう。しかし、全体的に、このメッセージは、

  • 単なる挨拶
  • プラグインの評価をしてほしい雰囲気
  • これは宣伝だな
  • あれ、これはちょっと注意かな
  • あっヤバい

と感じるヒントになります。

WordPressのメッセージは色がヒント

これ、私のブログで表示されているメッセージです。

左端に、赤色や青色、緑色のバーがあります。

この中で、一番対応したほうがいいのが、赤色のメッセージです。

緑とか青だと、だいたい、挨拶的なメッセージです。

プラグインのトラブルも

プラグインのトラブルが、起きたときも英語を読んでもいいかな?との、気持ちになっていると、情報を調べることができます。

例えば、

JetPackプラグインのエラーが最近起きました。

プラグインのトラブルが起きた時は、そのプラグインの公式掲載ページに、サポートフォーラムがあります。

ここをチェックすると、情報が見つかる場合が多いです。

そうすると、

Fatal Error when updating to Jetpack 8.0? Read this | WordPress.org

こんな情報が見つかります。しかも、プラグイン開発者さんからの直接。

訳すと

JetPack 8.0にアップデートすると下のようなエラーが起きます。

An error of type E_ERROR was caused in line 270 of the file wp-content/plugins/jetpack/vendor/automattic/jetpack-sync/src/Listener.php. Error message: Uncaught Error: Class ‘Automattic\Jetpack\Roles’ not found in wp-content/plugins/jetpack/vendor/automattic/jetpack-sync/src/Listener.php:270

このエラーは「Your Site is Experiencing a Technical Issue (サイトに技術的な問題が発生中)」というメールで届きます。

これですが、今回、ファイル構造を変更しました。JetPackの古いファイルを見つけることができず、エラーとなっちゃいます。ただし、アップデートは完了してるはずです。なので、プラグインのページをリロードすると、JetPackのバージョンは、8.0に。なお、エラーはアップデートの時のみ発生して、その後は発生しません。

サイトの表示も問題ないはずです。念のためにキャッシュクリアしてください。

それでも、何か問題があれば、このフォーラムにスレッド立てるか、メールで教えてください。

トラブルを起こしてごめんね。

こんな感じです。

なので、エラーのメールで、びっくりしても、「ああっなんだ、大丈夫なのか」と解決できます。

Macだとカンタンに英単語の辞書を引ける

Macだと、単語を選んで、右クリックから、○○○を検索 を選ぶと、カンタンに辞書を引けます。

この機能だけで、Macを選ぶ価値があります。

辞書が即座に表示されます。

ブラウザの機能拡張で常時Google翻訳するのはオススメしない

ただし、Chromeの機能拡張で、英語のページを常時、日本語に翻訳するのはオススメしません。

英語を見ても「ああっ大丈夫」との、心理ブロックを外すことが必要だからです。

あと、英語を見ないまま、Google翻訳の日本語を読んでも、意味がわかりにくいです。

英語力は、不要です。

はっきり言います。

回数です。英語としては、とてもわかりやすく書かれている場合がほとんどだからです。

僕の英語力は低い

ものくろさん、英語、できるんでしょー。と思っていますよね。

いやいや、

苦手なんです。

中学、高校、ずーと赤点。

センター試験も、英語が鬼門。

5年前受けたTOEIC 465点。(その前に受けたら 275点)

ただ、大学院で、隣の席が、ジンバブエの方でした。めっちゃエリートで。綺麗な英語でした。聞き取りやすくて。そんな環境で、私は、心理ブロックはないですよね。

英単語で言えば、なんとかなる。という経験があります。

あと、専門分野だと、コミュニケーションしやすいんです。共通土台が出来上がっているから。

世間話のほうが難しいです。

7年前にちょっとだけ、英会話学校に行ってまして、世間話は難しいを痛感しました。

で、学んだのが、

男性相手だと、「TopGear」を話題に出せば、なんとかなります。騙されたと思って試してください。ほとんどの人が知っている共通ネタになります。

これとか。

あと、僕の名前を短くして「ノブ」って呼んでねと、英会話学校で言ったら、「イギリス・オーストラリアは、スラングなので、やめたほうがいいよ」と教えてもらえました。

そんなこんなで、

「英語だっ」と身構えず、メッセージ読んでみませんか?というお話でした。

  • ブックマーク

この記事を書いた人

ブログコーチ 大東 信仁

情報発信コンサルタント & カウンセラー / 博士課程中退 / ニックネーム : ものくろ / ブロガー / WordPressが得意 / 株式会社 あみだす 代表取締役