Localで作ったWordPressへSSHからデータベースのインポートはWP-CLIコマンドが楽

Localで設定したPC上のWordPressのデータベース操作は、Adminerで行うが、インポートするmySQLファイルが大きいとエラーになることもある。

そんな時に、便利なのが、SSHのコマンドからのデータベースインポート機能。

SSH

SSHの接続は1クリックでOK。

該当するWordPressで右クリックしてメニューを表示し、「Open site shell」をクリックするだけで、ターミナルでSSH接続が完了する。

WP-CLI

WordPressを便利に使うコマンドラインインターフェースがWP-CLI。Localの環境はWP-CLIが標準で使える。

データベースインポートもカンタン。

wp db import mysql_file.sql

例は同じ階層にファイルを置いている例なので、フォルダが異なるときは、パスを指定する。

mysqlコマンドと違うのは、ユーザー名やパスワード、ホスト名の入力が不要な点。WP-CLIだと、wp-config.phpの設定値を読み取ってデータベースにアクセスするので、シンプルでカンタンに、インポートできる。

巨大なmysqlファイルでもインポートできて便利だ。