ヤマハ YVC-1000 オンラインミーティングでハウリングしない素晴らしいスピーカー

多人数の会議室でのオンラインミーティングの問題点

オンラインミーティングにて、リアル会議室側が複数人数だと困るのが、音声の問題です。ミーティングの音声をスピーカーを使って流したいのですが、単純にスピーカーを使うと、マイクとハウリングしてしまいます。

ヤマハ YVC-1000を導入

調べてたどり着いたのが、ハウリング防止機能があるスピーカーです。 その中でも、価格は高いものの、性能が良いだろうと、購入したのが、ヤマハ YVC-1000です。

ハウリングしないスピーカー

リアル側も一人でしたが、早速使ったところ、まったくハウリングすることもなく、ミーティング参加者さんの声も聞き取りやすかったです。

マイクに関しても、いつも使っているヘッドセットと交互に切り替えて、参加者さんに聴き比べてもらいましたが、違いはわからないレベルとの評価でした。

実際の録画動画

実際に使っている動画はこちらです。34秒からヘッドセット(ゼンハイザー SC 75)に切り替えていますので、聴き比べてください。

ヘッドセットを使わないZoomオンラインミーティングは新鮮で快適でした。

マイクユニットは最低1m離す

購入後にわかった注意点が、1つあります。

「スピーカーとマイクユニットは最低1m離す必要がある」点です。購入前に、気づいていませんでした。

使い始めるときに、スピーカー本体にある「音叉ボタン」を押して、部屋にあわせたハウリング防止の音響特性チェックを行うのですが、マイクユニットが、1m以内の近い配置ですと、調整エラーとなりました。

この記事を書いた人