Macの警告音(通知音)を変更 ビックリしない音にする システム環境設定のサウンドで設定

Macを操作しているときに、間違ったりするとなる警告音。ビックリします。

「コンッっっっ 」の音。

ビックリしないように、違う音に変更します。

変更は、

システム環境設定を開き、サウンドを開き、サウンドエフェクトの項目です。

ここの通知音を選択にある Funk を違うものに変更します。

なお、通知音の名前をクリックすると、どんな音なのか確認できます。

私は、Glass に変更しました。

ちょっと優しい音なので、コンソールでミスタイプした時にビックリしなくて済みそうです。

同時に、通知音の音量を単独で設定できます。

ちょっと小さめに鳴らすことができるので、ぜひ設定してください。

この記事を書いた人

ブログコーチ 大東 信仁

ニックネーム ものくろ。株式会社 あみだす 代表取締役、Web&Blogコーチ、WordPressが得意。