MacBookPro 16インチ 登場 これまでの15インチと大きさ・重さはどう違うの?

appple から MacBookPro 16インチが、2019年11月13日登場しました。

スペックは、これまでのMacBookPro15インチより良いのは、わかるのですが、15インチ系となると、心配というか、気になるのが、大きさと重さ。

仕様

仕様を見比べて比較しました。

大きさ

大きさ(cm)
16インチ35.79 × 24.59 × 1.62
15インチ 201934.93 × 24.07 × 1.55
15インチ 201535.89 × 24.71 × 1.8

縦横は、2015年モデルに近いサイズです。

厚みは、1.62cmなので、これまでの15インチ(2019)から7mm厚くなります。

重さ

重さ(kg)
16インチ2.0
15インチ 20191.83
15インチ 20152.04

重さは、2015の15インチと、ほぼ同じです。

これまでの15インチと170gの違いなのに、こうやって書くと、2kgって数字が重いと感じます。実際は、iPhone X 1個しか変わらないのですが。

バッテリ容量

バッテリー
16インチ100Whリチウム
15インチ 201983.6Whリチウム
15インチ 201599.5Whリチウム

重量増加は、バッテリーの容量を増やすため。動作時間が長くなるので、嬉しいです。

画面解像度

実質、表示できる解像度は、16インチも15インチも変わらず同じです。

対応するスケーリング解像度

  • 1,920 x 1,200
  • 1,680 x 1,050
  • 1,280 x 800
  • 1,024 x 640

使う上で(こっそり解像度を広くするアプリを入れない限り)表示できる画面の広さは、15インチと同じです。

ディスプレィ解像度
16インチ3,072 x 1,920ピクセル、226ppi
15インチ 20192,880 x 1,800ピクセル、220ppi
15インチ 20152,880 x 1,800ピクセル、220ppi

こうやって見ると2015がバランス良かったことが浮き彫りに

こうやって見ると、2015モデルがバランス良かったことが浮き彫りになっちゃいました。

いや、スペックは上がっているのですが、成熟されて安定して使える安心感が、2015にはあるのですよね。仕事で使うプロ用マシンという安心感。

キーボードが変わった

薄くできるバタフライキーボード、動作不良との戦いでした。今回、キーボードが変更になって、その分、本体厚みが増えた様子です。

キーボードの感触は、実機を触ってみないとわかりませんが、

escキーが物理キーに復活しました。これは、Vimを使う私にとっては、朗報です。助かる。

というか、Touch Bar、要らないでしょ。使わないもの。キーボードを見る発想自体、タッチタイピングと相性悪い。そろそろ気づいてよ。MacBookAirが評価されたの、そこでしょう。

それと、Touch IDとTouch Barの間に隙間ができているのも良い感じです。指紋認証をやるときに、Touch Barに間違って、触っちゃうんですよ。escキーの間も隙間があります。

で、買い換えるの?

買い換えないです。

最近のappleの戦略?としては、まず製品を市場に出して、そのあと、チューニングしていく姿勢です。

2016のMacBookPro 15インチを買ったのですが、キーボードだけでなく、色々とハードウェアのトラブルが有り、3回修理に出しています。その後、2017に買い換えましたが、2017でも修理2回、、、。

MacBookPro 13インチも15インチも2019モデルでやっと成熟したのに、ここで、フルモデルチェンジ。

2017モデルでまだまだ行けるので、様子見です。

それより、MacProが気になります。そして、秋の発売予定が、12月に延期されました。

この記事を書いた人

ブログコーチ 大東 信仁

ニックネーム ものくろ。株式会社 あみだす 代表取締役、Web&Blogコーチ、WordPressが得意。