青春18きっぷ 2014年夏 ポスターは 「天空の城」 播但線 竹田−青倉駅間

青春18きっぷ 2014年夏 ポスターは 「5時30分 天空の城が、旅立つ私を見送ってくれた。」のキャッチコピーに、山間を進む列車と遠くに見える山頂の石垣がある景色です。

兵庫県北部の播但線 竹田から青倉駅の風景です。非電化区間の路線です。

天空の城とは、兵庫県朝来市にある「竹田城跡」です。その景観のすばらしさから大人気の観光スポットです。

日本のマチュピチュ

天空に届くかのような素晴らしい竹田城跡、日本のマチュピチュと言われています。最近は人気のため、山道の痛みから入場規制など対策がなされています。

天空の城 播但線 竹田−青倉駅間

[ss url=”http://matome.naver.jp/odai/2134183532397300901″ width=”160″ class=”alignleft” title=”竹田城跡で雲海を見るための方法、徹底ガイド〔日本のマチュピチュ〕 – NAVER まとめ” caption=”” hatebu=1 tweets=1 likes=1 rel=”nofollow” alt=”竹田城跡で雲海を見るための方法、徹底ガイド〔日本のマチュピチュ〕 – NAVER まとめ”]

雲海の景色がみごろなのは晩秋

注意点が一つ、雲海と天空の城との景色が見られるのは秋(9月末から12月頭)の季節です。夏の季節では、ちょっと難しいかと思います。

こちら ↓ は2011年の11月に書かれたブログエントリー、美しい景色です

竹田城跡のスケールと圧倒的感がすごすぎて言葉にならない | エアロプレイン

「その一瞬が一生の思い出になる。」

青春18きっぷ 一生の思い出になる

良い言葉です。なんども青春18きっぷで旅を楽しみました。この言葉の通りです。

はじめて使ったのが、大阪から日帰りで富士山を見に行く旅でした。遠目で見るのでなく、富士宮市にある浅間大社までいきました。

20年も前なんですが、この1日は本当に記憶に残っています。良い思い出です。

こちらはA4サイズ パンフレットです。駅にあった大きなポスターとはすこしレイアウトが違います。

青春18きっぷ 2014年夏 ポスターは 天空の城 播但線 竹田−青倉駅間

写真は青倉駅側から、竹田駅へ向いて撮影しており、列車は寺町方面へ向かっている様子です。

兵庫県朝来市和田山町竹田

竹田駅から寺町方面への始発時刻が午前5時28分、ポスターの言葉そのものです。

竹田(兵庫県)駅(JR播但線)の時刻表 – Yahoo!路線情報

1時間に1本ぐらいの間隔で列車は運転している区間なので、青春18きっぷで旅行する時は、列車乗り継ぎ連絡を事前に調べておくことがポイントかなと、でないとスムーズな思い出の旅が難しい区間です。

青春18きっぷ

青春18きっぷ 関連記事

この記事を書いた人

ものくろ(Webコーチ)

フリーランスのブロガー・Web&Blogコーチ。個人・法人様を問わず、情報発信をコンサルティングとサポートしています。( 活動実績はこちら

親指シフトのorzレイアウト開発者でもあり、日本語入力のエキスパート。

ブログは月間65万PVを記録(2016年1月)したことも。200回を超えるワークショップ開催・のべ1,000名のブログサポートに携わっています。

WordPressが得意です。WordPressコミュニティのイベントにも参加しております。お会いした時はよろしくお願いします。

東京 秋葉原に拠点と住民票がありますが、大阪や名古屋を中心に、日本を移動しながら仕事をしつつ暮らしています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします

今日のピックアップ記事はこちら