5本足シューズ ビブラム(vibram fivefingeers)KSO EVO はサイズがちょっと小さめなので注意

  • ブックマーク
  • Feedly

先日、ビブラムファイブフィンガーズ(vibram fivefingeers) のKSO EVO を大阪 梅田にある東急ハンズさんにて購入しました。2013年から履き始めて、5足目です。

試着したときに、いままでと同じサイズで試してみて「ちょっとだけサイズが小さめ?」と感じました。たまたま、なんとかなる感じだったし、同じサイズを選んでおけば良いだろうと安易な結論で、そのままのサイズを購入しました。が、、実はやはりちょっとサイズが小さめなようです。

後からビブラムのサイトを見ると、こんな注意書きがありました。

KSO EVOはフィットネス、ジム、カジュアルに最も適しています。
※小さめに作られていますので1サイズアップがおすすめです。

ビブラムファイブフィンガーズ

「とほほ」です。まあ、問題ない範囲なのですけど、靴下を履いてからビブラムを履くとギリギリのサイズです。

なので、KSO EVOを選ぶときには、いままでよりワンサイズアップする方が良いと思います。

ちなみに、それまで履いていたのは、KMD SPORT LS(旧モデル)です。こちらの場合はサイズは M44 でちょうど良い感じでした。KSO EVOのM44はそれより余裕が少ないです。

DSC00793

余談ですが、典型的な日本人の足でして、横幅が広くて、足の甲が高く、長さは短いのです。ビブラムじゃない靴を選ぶときは、27.5から28.0 cm の靴のサイズが合う足です。

なので、通常のモデルだと、下のリンク先にて案内されているように「裸足の長さに、0.7~1cmを足した数字のサイズがビブラムの適切なサイズ」となるわけですが、KSO EVOの場合はさらにもう一回り大きめが合う場合が多くなるようです。

ビブラムファイブフィンガーズのサイズ合わせについてはこちらがわかりやすいです。

もう一つ読んで行かれませんか?

[amazonjs asin=”B01BYL62QE” locale=”JP” title=”RUNNING style ベストセレクション”]

[amazonjs asin=”B01873CEXM” locale=”JP” title=”QY8 Bluetooth イヤホン SoundPEATS【メーカー直販/1年保証付】 apt-Xコーデック採用 イヤホン 高音質 防水 防滴 ランニング中でも耳から外れにくい スポーツ仕様 ワイヤレスイヤホン ハンズフリー通話 CVC6.0 ノイズキャンセリング搭載 (ブラック)”]

  • ブックマーク
  • Feedly

この記事を書いた人

ものくろ(Webコーチ)

フリーランスのブロガー・Web&Blogコーチ。個人・法人様を問わず、情報発信をコンサルティングとサポートしています。( 活動実績はこちら

親指シフトのorzレイアウト開発者でもあり、日本語入力のエキスパート。

ブログは月間65万PVを記録(2016年1月)したことも。200回を超えるワークショップ開催・のべ1,000名のブログサポートに携わっています。

WordPressが得意です。WordPressコミュニティのイベントにも参加しております。お会いした時はよろしくお願いします。

東京 秋葉原に拠点と住民票がありますが、大阪や名古屋を中心に、日本を移動しながら仕事をしつつ暮らしています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします

今日のピックアップ記事はこちら