Windowsにペアリングして使ったら良かったよ!マジックトラックパッド

Magic Trackpad

IMG 3367appleのApple Magic Trackpad。独特の使い勝手で気に入っています。Windowsパソコンでも使いたくて、ペアリングできるか試しました。結果、マウスカーソルを動かすことと左クリックはできました。2本指スクロールなどはできませんでした。

これはデバイスドライバーをインストールすると良い、しかもペアリング前にインストールするのが良いことを、後から知りました。まずはペアリングできたのでその手順をまとめました。

ドライバーインストールのためにペアリング解除します…

IMG 3382

ペアリングコード

Windowsとペアリングするには、マジックトラックパッドのペアリングのPINコードが必要です。しかし、説明書ではMac OS Xとの接続方法しか書かれていません(当たり前といえば当たり前ですね)。Macではペアリングコードなしで接続できます。なので、説明書にペアリングコードが書かれていません。

Google先生に聞いたら、分かりました。PINコードは「0000」です。

>>[Apple]Magic Trackpadを普通のWindowsで使えるようにする方法

ペアリングする前にデバイスドライバーをインストール

さっそく接続しました。ところが、上の記事をよく読むと、さきにBootcampドライバーから取り出した、デバイスドライバーをインストールしないと”はまる”と書かれていました。ペアリングするのはデバイスドライバー インストールの後にしましょう。

>>BootCampドライバーをネイティブWindowsにインストール

ペアリング方法は簡単です。デバイスドライバーインストール後にやった方が良い作業ですがまとめました。ドライバーインストールと合わせて参考にしてください。

ペアリング

ペアリングで接続する手順は以下の通りです。

apple wireless keyboardと同じ手順でコントロールパネルから、[ハードウェアとサウンド] – [デバイスとプリンター」-「Bluetoothデバイスの追加」を開きます。

マジックトラックパッドの電源を入れると、緑の電源ランプが点滅します。ペアリング待機状態にします。LEDが点滅しないときはすでに他の機器とペアリングしているので、そのペアリングをまず解除します(ペアリングを解除しないと接続できません)。

下の図のように、「apple wireless trackpad」をが見つかります。

「ペアリングオプション」は真ん中の「デバイスのペアリングコードの入力」をクリックします。

ペアリングコード「0000」を入力します。

これでペアリング完了です。
マジックトラックパッドでマウスカーソルを動かすことが出来るようになりました。

ドライバーが必要

上に書いたように、Booocampのドライバーから取り出したデバイスドライバーをインストールしておくことが必要です。買って喜び勇んで、ペアリングしました。ドライバーが無い状態だと、マウスカーソルを動かすことと、左クリックしかできませんでした。

ペアリングを解除して、デバイスドライバーのインストールからやり直します。(下調べをしっかりしたほうが良いことを学びました…。)

>>ペアリング解除方法はこちら

ワイヤレスで行こう!

この記事を書いた人