「賛否両論弁当」を旅の列車で楽しむ。東京駅 構内 駅弁屋 祭 にて購入。

東京駅から新幹線にて大阪へ移動するときの楽しみにしているお弁当、いわゆる駅弁です。

混雑する売り場、東京駅から全国へ移動する人々が行き来する中で、今回、見つけたのが「賛否両論弁当」です。(記事は2016年8月26日の情報に基づいています)

16種類の美味しいおかずを楽しめ、1,540円と駅弁でも上の価格クラスですが、満足度が高く、オススメできるお弁当です。

お弁当のパッケージデザインも独特です。開けると、お品書きもあり気分が盛り上がります。

サーモンの味噌焼きと、鴨ロースが好みに合いまして、美味しくいただきました。

購入は、東京駅 在来線 中央改札口すぐの構内にある「駅弁屋 祭」さんにて購入しました。駅弁の種類が豊富なので、新幹線改札口を通る前に、いつもこのお店で選んでいます。

中央案内所が目の前にあり、目印になります。

駅弁屋 祭さんについて

賛否両論さんについて

「賛否両論」笠原将弘のごはんの友110
笠原 将弘
主婦と生活社
売り上げランキング: 266,452

こちらも記事も一緒に読まれています。

著者プロフィール

ものくろ(大東 信仁)
ものくろ(大東 信仁)
ブロガー・Web&Blogコーチ。親指シフト orzレイアウト開発者。ブログは月間65万PVを記録(2016年1月)。200回を超えるワークショップ開催・のべ1,000名のブログサポートに携わる。WordPressが得意。

詳しいプロフィールはこちら

もっと
おいしい話題
について読む