黒い吉野家さんを秋葉原で発見し限定メニュー「から牛」を食す

秋葉原駅のヨドバシカメラさん横の通りを歩いていたときに「あれ?吉野家さんの看板が?黒い!」と気づきました。

これ、秋葉原店限定の「黒い吉野家」さんだそうです。

お店の前にあるメニューを眺めると、見慣れないナインナップがあることを発見しました。

『から牛』

この「唐揚げ」が黒い吉野家 秋葉原店限定とのことです。

限定という言葉に弱く「体験しよう」と自動扉のボタンをタッチしながら店内へ。

目に飛びこんだのが、カウンターが横一列でなく、ジグザグの配置になっており、一人あたりのカウンターの面積が広くなっています。内装も独特でして、雰囲気です。

とはいえ「いらっしゃいませ」「ご注文は」というスタッフさんの声、吉野家さんの特徴ある手に馴染む湯のみ、生卵をかき混ぜる「カシャカシャカシャカシャ」という音、厨房から聞こえる丼を洗う音など、いつもの吉野家さんの雰囲気も混ざっています。

そんなことを考えていたら、すぐに注文した「から牛 大盛り」とキムチ付きのCセットと生卵が、目の前に。

これで、840円。

この「から牛」は、つまり、唐揚げと牛丼のハーフ アンド ハーフ です。半分は唐揚げ、半分は牛丼という欲張りメニューです。

唐揚げはあっさりした塩味でして、丼のご飯と唐揚げの間に存在するキャベツが新鮮でした。残り半分の牛丼は安定の吉野家さんの味でした。

ごちそうさまです。

参考記事はこちら。

こちらもオススメ。

吉野家 ~もっと挑戦しろ!  もっと恥をかけ!
安部 修仁
廣済堂出版 (2016-12-02)
売り上げランキング: 73,359

この記事はPressSyncにて書きました。

この記事を書いた人

ものくろ(Webコーチ)

フリーランスのブロガー・Web&Blogコーチ。個人・法人様を問わず、情報発信をコンサルティングとサポートしています。( 活動実績はこちら

親指シフトのorzレイアウト開発者でもあり、日本語入力のエキスパート。

ブログは月間65万PVを記録(2016年1月)したことも。200回を超えるワークショップ開催・のべ1,000名のブログサポートに携わっています。

WordPressが得意です。WordPressコミュニティのイベントにも参加しております。お会いした時はよろしくお願いします。

東京 秋葉原に拠点と住民票がありますが、大阪や名古屋を中心に、日本を移動しながら仕事をしつつ暮らしています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします

今日のピックアップ記事はこちら