ロジクール Spotlight だと、オンライン講座でも画面をポイントできる

ロジクールのレーザーが出ないポインター「Spotlight」は、離れた場所へオンラインで画面を共有している時も、ポインターとして使えます。

素晴らしい、革新的なデバイスです。

オンライン会議システムZoomのPC画面を共有・説明しているときに、Spotlightを使ってみたところ、離れた場所のクライアントさんの画面にも、その「スポットライト」が表示されました。

いままでは「画面のちょっと上、あっ!右、行きすぎました。左下です」と言葉で、画面の位置を伝えていました。

ところが、このSpotlightを使うと、離れた場所でも、目の前に座って居られるのと同様に「指で指す」のと同じように、ダイレクトにコミュニケーションでき、伝わり方が向上しました。

一つ注意点も見つけました。Zoomでの画面共有するときに、デスクトップ全体の画面共有を行う必要がありました。

アプリのウィンドウを選んでの共有だと、「スポットライト効果」が相手の方に反映されませんでした。

あわせて読まれている記事はこちら。

オンラインセッションで使っているヘッドセットはこちら。

【国内正規品】ゼンハイザーコミュニケーションズ ヘッドセット USB接続 ヘッドバンド型 片耳 PC7 USB
ゼンハイザーコミュニケーションズ (2011-12-16)
売り上げランキング: 4,470

この記事は、PressSyncにてiPhoneで書きました。

著者プロフィール

ものくろ(大東 信仁)
ものくろ(大東 信仁)
ブロガー・Web&Blogコーチ。親指シフト orzレイアウト開発者。ブログは月間65万PVを記録(2016年1月)。200回を超えるワークショップ開催・のべ1,000名のブログサポートに携わる。WordPressが得意。

詳しいプロフィールはこちら

もっと
デジタルなツール
について読む