WordPressのクローンをローカルPCの上で作る。

ブログで、書いた大切な記事。バックアップを取って、守りたいですね。
でも、本当にバックアップとれているのか?
万が一の時、サーバーでの復旧方法は?
と、わからない事がたくさんです。

そのためには、ローカルPCの中に、WordPressのクローンを作ることに、します。

これは、サーバーのバックアップデータを取る作業と、ローカルPC環境に、
データを復旧する作業を行う事になります。

バックアップと、復旧作業を一度にやり方を分かってしまおうと、目論みました。

一見、欲張っているように見えますが、3つ目的があります。

1.PHPadminにて、サーバーデータをエクスポート実行時に、多くのオプションが有ります、
バックアップしたSQLファイルを、ローカルPC(復旧)に、エラーなく読み込むかを確認し、
正しいエクスポートオプションの設定を確認・記録するためです。

2.ローカルPC(復旧)にて、バックアップSQLデータをインポートする時にも、多くのオ
プションが有ります、エラー無く読み込みできるかを確認し正しいインポートオプションの
設定を確認・記録するためです。

3.データ以外のサーバーデータをftpにて、バックアップを行い、ローカルPC(復旧)への
復元が確実にできるか、確認するためです。

そして、この3つの確認ができて、初めて、WordPressのクローンをローカルPCの上で
できた事になります。

そのために、準備するもの
・windows PC (Mac PCでもできるようですが、ftpソフトとか、苦労が多いようです。)
XAMPP
・ftpソフト (今回は、FFFTP
・エディタ (今回は、Terapad

ここから、実際に作業を行います。
環境は、Windows7 Pro (64bit)です。作業内容は、分けて記事にしています。

また、レンタルサーバーを引っ越す場合も同じ方法で、出来ると思います。
参考になれば、幸いです。ドメインは、独自ドメインじゃないと、、だめですが。

  1. XAMPP Windows版 1.7.7をインストールします。
  2. ローカルPCにデータベースを準備します。
  3. サーバーMySQLデータベース バックアップ 実行
  4. ローカルPCへのMySQLデータベース リストア 実行
  5. FTPによる、サーバー上ファイルのバックアップとローカルのwp-config.phpの設定

XAMPP Windows版 1.7.7 Apache 2.2.21, MySQL 5.5.16, PHP 5.3.8, OpenSSL 1.0.0e, phpMyAdmin 3.4.5, XAMPP Control Panel 2.5, Webalizer 2.23-04, Mercury Mail Transport System v4.72, FileZilla FTP Server 0.9.39, Tomcat 7.0.21 (with mod_proxy_ajp as connector)
For Windows 2000, XP, Vista, 7.

この記事を書いた人