iOS14.5【APPLE WATCHでロック解除】マスク顔でもスムーズにFace IDが解除できる

  • ブックマーク

iPhoneの顔認証(Face ID)のために、マスクをズラす必要が無くなった。

2021年4月27日朝に、配信がスタートしたiOS 14.5 とwatchOS 7.4 の組み合わせで、マスクの顔でFaceIDが上手くOKにならないときに、Apple Watchを使ってロック解除できるようになった。

Apple Watch 3以降が必要なのが条件。

Watch連携 めっちゃいい

マスクをしたまま。今までと同じように、iPhoneのスリープを解除するために、指で画面を上にスワイプすると、FaceIDの画面に一瞬なるが、すぐさま、腕にセットしているWatchが軽く ココココッ と振動があり、すぐに iPhoneのロックが解除された。

連携するWatchは、Apple ID にて紐付けを行なっており、iPhoneの設定にある「Watchと連携する」のオプションをオンにするのみ。

めっちゃいい。素晴らしい。

Macで使えていた、Watch連携でのログインパスワード入力のパスと、同様だ。

いままで、マスクをしていたときは、マスクをずらすか、パスコードを入力するか、だった。

しかし、それらはまったく不要。

一つ残念(セキュリティ的には正しいかもしれない)なのが、このWatchとのFaceID連携は、iPhoneのスリープ解除のみ。

1PasswordやUFJ銀行などのアプリで試したところ、FaceIDが失敗となった。もっともアプリ側のアップデートで改善されるかも、なので、今後に期待もしている。

Watch連携を使うには

手順としては、3のステップが必要だ。

  1. iPhoneのiOSをアップデート
  2. Apple WatchのOSをアップデート
  3. iPhoneの設定を開いて、連携をONに

1と2のOSアップデートは、1時間から1時間半ぐらい時間が必要となる。アップデート中にiPhoneやWatchを持って外出するのは難しくなるので、時間に余裕があるときを狙いたい。

私の場合は、

1のiPhoneアップデートが、朝の7時19分から7時42分の約20分。

2のWatchのアップデートが、7時42分から8時30分までの約50分だった。

(iPhone 12Pro maxと、Watchシリーズ4)

8時45分に出かけるスケジュールだったので綱渡りだった。ドキドキしたので、みなさんにはオススメ出来ない。

OSアップデートだけでは、連携は行われず、iPhoneの設定アプリを開き、

FaceIDとパスコードの項目に入り、中程にある「APPLE WATCHでロック解除」をONにする。

(ONにしたとき、切り替わるのにしばらく待つことになる)

あとは、腕に着けているWatchがパスワード入力済みの状態であれば、素早く連携してくれる。

素晴らしいアップデートなので使ってみてほしい。

0

無料メルマガ発行中

メルマガも2021年は頑張って書いています。ぜひ登録して読んでくださいね。(無料です)

メールマガジン
無料で購読
メールアドレス *
* 必須項目

【案内板】

このブログをはじめて読んだあなたへ
ぜひ読んでもらいたい記事を用意しました。

オンラインショップあります

↓ 下のバーナーをクリックすると移動します。


Youtube

  • ブックマーク

この記事を書いた人

情報発信ナビゲーター 大東 信仁

情報発信ナビゲーター / 博士課程中退 / ニックネーム : ものくろ / ブロガー / WordPressが得意 / orz レイアウト開発者 / 株式会社 あみだす 代表取締役