Boot Camp【親指シフト】Windows10 英数・かなキー問題が解決できない

  • ブックマーク

JISキーボードのMacBookProを使って、Boot Camp にてWindows10をインストールした。

親指シフトタイピングができる環境を作ろうと試行錯誤したが、英数・かなキーを無変換・変換キーに置き換えることが出来ず、、。

結論として、MacBookPro本体のキーボードにて、親指シフトタイピングを実現できなかった。(外付けのWindowsJISキーボードをUSBに接続すると問題を回避できる)

英数キーは、”lang20x0072)” ・かなキーは”lang10x0071)”の出力のはずだが、

この2つのキーに対して、Windowsから見ると、イベントが「KeyUpだけ」とのこと。

親指シフトの同時打鍵としては、致命的。

キーを押した時の検出はできず、キーが上がるときのみ検出できるとなると、、同時打鍵のタイミングに合わない。

AutoHotKeyのスクリプトで、力技で、無変換・変換キーに置き換えはできるが、同時打鍵での親指シフトアプリでは、反応なし、、ということがわかった。

以前のWindows8だとレジストリの書き換えを行えると、親指シフトタイピングできたが、Windows10のBoot Campだと、出力されるキーコードが異なっている?ために、同じ方法では、英数・かなのキーコードを、無変換・変換キーにすることが出来なかった。

そのため、Boot Campで親指シフトタイピングするには、外付けのUSBキーボードが必須で、できれば、かえうち を使うことで、問題を回避するのが良いと感じた。残念だけど。

0

無料メルマガ発行中

メルマガも2021年は頑張って書いています。ぜひ登録して読んでくださいね。(無料です)

メールマガジン
無料で購読
メールアドレス *
* 必須項目

【案内板】

このブログをはじめて読んだあなたへ
ぜひ読んでもらいたい記事を用意しました。

オンラインショップあります

↓ 下のバーナーをクリックすると移動します。


Youtube

  • ブックマーク

この記事を書いた人

情報発信ナビゲーター 大東 信仁

情報発信ナビゲーター / 博士課程中退 / ニックネーム : ものくろ / ブロガー / WordPressが得意 / orz レイアウト開発者 / 株式会社 あみだす 代表取締役