Windows10を起動した時に不思議なトラブルが起きるのを防ぐため、高速スタートアップ機能をオフにした

Windows10とWindows8では、電源スイッチを入れてからWindowsが起動するまでの時間を速くするために、高速スタートアップ機能が標準でONになっています。

高速スタートアップで摩訶不思議なトラブルが起きやすい

詳しく仕組みは、この記事の後半にてご紹介していますが、この「高速スタートアップ」機能が働いていることで、様々な不思議なトラブルを招いています。

OFFへ設定変更するには

管理者権限があるアカウントでないと、設定を変更できないので注意してください。

画面左下にあるWindowsマークをクリックし、スタートメニューを開き「設定」を開きます。

設定の中にある「システム」に進み「電源とスリープ」メニューを開き、その中にある関連設定と書いてある下の「電源の追加設定」をクリックします。

次に開いた画面の左メニューにある「電源ボタンの動作の選択」をクリックして進み、次の画面の中ほどにある青文字の「現在利用可能でない設定を変更します」をクリックします。

画面が切り替わり、下の方にあるシャットダウン設定項目の中「高速スタートアップを有効にする(推奨)」のチェックを外します。

これで、高速スタートアップが無効となります。

高速スタートアップとは?

電源を切る前のパソコンの状態を記録して、それを呼び出すことで、起動する時の作業を減らし、時間を節約しています。

ところが、この前回の状態を覚えているために、Winowsの調子がイマイチで再起動しても、やっぱり不思議なトラブルが起きることもたくさんあります。

Windows PCメーカーのサイトを調べると、どのメーカーさんも、高速スタートアップをオフにする手順を紹介されています。

どうして、こんなややこしい機能を標準でONにしてくれたのか、、と感じますが、愚痴をこぼしてても、Windowsは今日も不安定な摩訶不思議なエラーやトラブルで、仕事に集中する僕たちの気持ちを和ませて「そう急がず、ゆっくり仕事をしよう」と提案してくれます。

なので、高速スタートアップを解除する方が、仕事が速くできるようになります。

親指シフトタイピングの環境なので、OFFでないとトラブルが起きやすい

ものくろは、親指シフトで入力(タイピング)するために、キーボードの入力を変換するアプリ(エミュレータ)を動かしています。

このエミュレータの動作はどうしても不安定になってしまうことがあり、再起動することで解決する場合がほとんどなのですが、高速スタートアップをONにしていると、トラブルになることが多く感じます。

この記事を読んだ人はこちらの記事も読まれています。










著者プロフィール

ものくろ(大東 信仁)
ものくろ(大東 信仁)
ブロガー・Web&Blogコーチ。親指シフト orzレイアウト開発者。ブログは月間65万PVを記録(2016年1月)。200回を超えるワークショップ開催・のべ1,000名のブログサポートに携わる。WordPressが得意。

詳しいプロフィールはこちら

もっと
試行錯誤したこと
について読む