iPhoneのSuicaカードが消えた!改札で反応しない。残高はどうなったの?と焦りながらもWalletアプリを操作して復旧

びっくりしました。地下鉄の自動改札にiPhone 7Plusをかざしたときに事件は起きました。反応しないのです。

ピッと音がしません。

びっくりです。

Walletアプリから再登録できた

Walletアプリを操作して、Suicaを追加して復旧することができました。もともとSuicaにチャージしていた金額も復活しました。

作業時間は3分ぐらいでしたが、改札口の端に立ちながら操作していて、気持ちはドキドキでした。実際に復旧した手順をまとました。

チャージしていた金額もふくめて復旧した手順

確認したらSuicaが消えている

自動改札機にiPhoneをタッチしても反応しないため、Walletアプリを開いてみました。すると、Suicaカードが消えており、見つかりません。

ええっぇ、どういうこと、そんな風に思いながら、Suicaアプリを開くと、こちらも「Suicaがありません」となっています。

チャージしていた金額はどこに行ったの?と不安になりました。が、iPhoneのSuicaは、ApplePayを使っています。そのApplePayは、Apple IDで管理されていると以前に聞いたので、たぶんチャージ金額も復活できるはずと思いました。

iPhone間でのSuicaの移行手順動画が公開されている

探してみたら、JR東日本さんが「iPhone間でのSuicaの移行」というタイトルの動画を公開されており、iPhoneから削除したSuicaの復旧手順がわかりやすいです。

復旧作業はWalletアプリ

iPhone 7PlusにSuicaカードを復旧するときは、Walletアプリを操作します。Suicaアプリは操作しません

Walletアプリを起動し、右上にある「丸プラス」をタップします。

Suicaやクレジットカードの追加画面となります。ここで、右上の「次へ」をタップします。

以前登録していたSuicaカードを再度追加するか?と聞かれます。よく見ると、チャージしていた金額も表示されています。

ここも右上の「次へ」をタップします。

これで消えたSuicaカードが追加されて、自動改札を操作なく、指紋認証が不要で通過するための「エクスプレスカード」設定も自動で完了します。

見ていると、Suicaカードが自動的にアクティベートされます。

無事にSuicaカードが帰ってきました。残高もちゃんと戻ってきています。

原因ははっきりとはせず

どうしてiPhoneに登録していたSuicaが消えたのか?

はっきりした原因はわかりませんでした。気づかないうちに間違って消すにしても、カードを消すにはそれなりの操作が必要になります。

ひょっとしてと感じるのが、2016年12月20日に配信されたSuicaアプリバージョン1.0.3へ今朝アップデートしたのです。これぐらいしか心当たりがないのが、正直なところです。

まとめ

万が一、iPhoneに登録していたSuicaが消えた!となっても、残高は復旧できます。Suicaアプリを操作せずに、Walletアプリで再度Suicaを登録する手順で大丈夫です。

この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます










著者プロフィール

ものくろ(大東 信仁)
ものくろ(大東 信仁)
ブロガー・Web&Blogコーチ。親指シフト orzレイアウト開発者。ブログは月間65万PVを記録(2016年1月)。200回を超えるワークショップ開催・のべ1,000名のブログサポートに携わる。WordPressが得意。

詳しいプロフィールはこちら

もっと
試行錯誤したこと
について読む