iPhoneはダメだった。Suicaはバッテリーが切れると使えない(実際に試した)

もうiPhoneだけ持てば、安心してお出かけに

SuicaがiPhoneに内蔵されて、生活が変わりました。ズボンのポケットにパスケースを入れなくなりました。

先日、iPhone 7Plusの電源をOFFにした状態で自動改札機でSuicaは使えないことを実際に検証しました。

バッテリーが切れたら?

では、バッテリーが切れた状態では、どうなのか?も、実際に試しました。

結果はタイトルにも書いてますように「使えません」でした。自動改札機にiPhone 7Plusをかざしましたが「反応なし」でした。

モバイルバッテリー必須

iPhoneでSuicaな生活には、モバイルバッテリーも必須と感じています。

「バッテリー切れ」というのは、iPhone 7Plusを使い続けて、画面が黒く消え、電源ボタンを押しても、なんの反応もしなくなる状態にしました。(やってみて、バッテリーが長持ちすることに気づきました)

実際にやってみました(混在していない改札口にて)

このコンディションのiPhone 7Plusを握りしめて、比較的混雑していない午後4時頃、改札口の人の流れが途切れるタイミングを見計らいつつ、自動改札機にiPhoneをタッチしました。

バッテリー切れでは無反応

「コト」とiPhoneと自動改札機のセンサー部が触れる音は聞こえましたが、ピッという反応がありません。無反応です。

ということで、iPhoneのSuicaはバッテリーが必要ということがわかりました。

iPhone 7Plusのバッテリーは頑張る

余談ですが、バッテリー切れにするのが大変でした。今までと比較するとバッテリーが減りにくくなっていると感じました。

とはいえ、バッテリーが切れてしまって、Suicaが使えないのは不便なので、モバイルバッテリーを持ち歩いています。

薄型のモバイルバッテリーがお気に入り

こちらは薄型なので、カバンでも邪魔にならず、気に入っています。

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。

この記事はPressSync Pro を使い iPhoneで執筆しました。

著者プロフィール

ものくろ(大東 信仁)
ものくろ(大東 信仁)
ブロガー・Web&Blogコーチ。親指シフト orzレイアウト開発者。ブログは月間65万PVを記録(2016年1月)。200回を超えるワークショップ開催・のべ1,000名のブログサポートに携わる。WordPressが得意。

詳しいプロフィールはこちら

もっと
やってみました
について読む