MINOLTA SRnew-7 MCロッコールPF58mmF1.4

MINOLTA SRnew-7

MCロッコールPF58mmF1.4 – 5群6枚。最短撮影距離0.6m。

今振り返ると、SR-7とSRnew-7と前期モデルと後期モデルが

存在する事を知りました。露出計スイッチ操作をやっていたこと、

あやふやながらデザインの記憶から、使っていたのは、SRnew-7でした。

ミノルタSR-7(1962年(昭和37年)発売)

世界で初めてCdS素子使用の外光式露出計を内蔵した一眼レフカメラ。

露出計はシャッター速度に連動し、指針が指す絞り値に合わせることで

適正露出となる。

ミノルタニューSR-7(1965年(昭和40年)5月発売)

ミノルタSR-7の機能をそのままに、ベースとなるフレームを一新して

小型化を図ったモデル。

ウイキペディアより

ミノルタのカメラ製品一覧:SRシリーズボディー

参考:

ミノルタ newSR-7【概要と特徴】 Ver. 3.0

ミノルタ SR-7前期型【概要と特徴】 Ver. 2.0

SLR / MF CAMERA & LENS (SR Mount)

私が中学生の頃、天体写真を撮影するのに頻繁に使った。

電池要らずのメカニカルカメラなので、最適だった。

天体写真なので星を撮るわけで、その点光源に対して、画角全体の

描写力が優れていた。

ボディはずっしりと重く、メカニカル一眼レフカメラ、そのもの。

撮影前に、ASA(今でのISO感動)と、シャッタスピードを設定した

うえで、左手で押せる位置にあるスイッチで外部測光式CdS露出計を

作動させ、カメラ左上部にある絞りメーターの針が示す絞り値に、

レンズの絞り値を合わせて、適正露光量で撮影できるカメラだった。

今考えると、シャッタスピード優先?とも言えなくない。

MCロッコールPF58mmF1.4は、ロッコールの名前に相応しい。

素晴らしい描写力だった。個人的な記憶では、シャキッとしたNIKKOR、

ソフトな絵作りのcanon FDレンズ、と比べてRokkorは、線は

しっかり・色合い(光線具合)はソフトと、独特な描写だった。

通常の写真撮影でも、描写力は、とても良いレンズだった。

絞り開放付近のピントは浅く、使いこなす力量が必要だった。

基本はメカニカルマニュアルカメラ。カメラの基礎を学べた。

これは後々の大学写真部での活動で、大きな経験として生きた。

近年、マイクロフォーサーズマウントのマウントアダプターが

登場して、ロッコールが再び注目されてます!。

この記事を書いた人