iPhone 音声入力に使っているマイクは2種類(Sony小型マイクとAirPods)

音声入力にて頭の中のアイデアをiPhoneのメモアプリにそのままダイレクトに記録して、そこから文章を書き直しています。

音声入力を行うときに、iPhoneに直接話しかけるより、外付けマイクを使うことで、話した言葉の認識率が良くなります。

普段使っているマイクは2種類です。

1つは、Sonyさんの小型マイクです。

お値段も2,000円程度とお財布に優しく、持ち運びに便利な小さなサイズ、口元に近づけて話すと小さな声でも、しっかり音声認識してくれます。

ケーブルでヘッドフォン端子に繋ぎます。iPhone 7Plusなので、Lightning変換アダプタを使い接続しています。

もう一つは、AirPodsです。こちらは、とにかくケーブルがないのが素晴らしいです。

自分の部屋で使うときはいいのですが、外出して歩いていると、周りの騒音を拾ったり、風がつよい場合は、音声入力の認識精度が下がります。それでも、ケーブルがない心地よさがメリットです。

この記事を読んでいる人は、こんな記事も読んでいます。

[ads_amazon_1]


[/ads_amazon_1]

[ads_amazon_2]


[/ads_amazon_2]

[ads_amazon_3]


[/ads_amazon_3]

[ads_amazon_4]


[/ads_amazon_4]

この記事は、PressSyncにてiPhoneで書きました。

この記事を書いた人

ものくろ(Webコーチ)

フリーランスのブロガー・Web&Blogコーチ。個人・法人様を問わず、情報発信をコンサルティングとサポートしています。( 活動実績はこちら

親指シフトのorzレイアウト開発者でもあり、日本語入力のエキスパート。

ブログは月間65万PVを記録(2016年1月)したことも。200回を超えるワークショップ開催・のべ1,000名のブログサポートに携わっています。

WordPressが得意です。WordPressコミュニティのイベントにも参加しております。お会いした時はよろしくお願いします。

東京 秋葉原に拠点と住民票がありますが、大阪や名古屋を中心に、日本を移動しながら仕事をしつつ暮らしています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします

今日のピックアップ記事はこちら