フリーランスの道具箱

倍速で仕事が進む Macをネットワークからオフラインで作業したら生産性がびっくりするほど上がる

倍速で仕事が進む Macをネットワークからオフラインで作業したら生産性がびっくりするほど上がる

MacBookPro 13インチ(2013年モデル)をメインマシンにしています。

自宅では、27インチのThunderboltディスプレイに接続し、広い画面で快適に作業して、いるはずなんですが、実はあらかじめ予定を立てた作業がなかなか終わらない日々です。

原稿用紙やポメラだと仕事が捗る

最近、原稿用紙に向かって万年筆でブログ原稿を書いているときや、ポメラDM200を使って親指シフトタイピングしている方が、集中した状態で知的生産が行えているし、作業効率が良いことに気づきました。

本来は、逆なハズなんです。MacBookProの方が、性能良い、画面も広い、キーボードもタイピングしやすい、なのに、成果は逆なんです。

どうして、そうなるのか?

ついついネットを見ている

違いは、ネットに繋がっているか?どうか?でした。

MacBookProでは、作業の割り込みが起きる原因の通知はオフにしています。

でも、作業中に調べ物をするために、ブラウザーを開いたときに、そのまま作業を中断して、他の作業(いや、作業って言わないかな、具体的にはfacebookだもの)をしてしまって、気がつけば時間が過ぎているんです。

ネットを切ればいい

そこで、MacBookProで作業するときに、ネットをOFFにしました。

無線LANは、画面右上のWiFiアイコンをOFFにすれば、切れます。

Thunderboltディスプレイの有線LANをどうする?

困ったのが、自宅のThunderboltディスプレイに接続している有線LANです。Thunderboltディスプレイは使いたいわけですが、OFFにするために、LANケーブルを抜くのはナンセンスです。

ディスプレイにはネットワークのOFFスイッチもありません。

iPhoneのように、機内モードのようなスイッチもMacBookProにはありません。あっ機内モードだと、有線LANだと通信しますね。あくまで、イメージです。

環境設定からOFFに

やっぱり、LANケーブル抜くの?と、思いながら「環境設定」の「ネットワーク」を開いて「Thunderbolt Ethernet」の項目を見ると、

「OFF」にするを発見しました。

ちょっとめんどうですが、ケーブルを抜くことに比べると、お手軽、便利です。

実際に、設定を変更しネットが切れている状態で、文章を書くと、通知もないし、他のサイトやfacebookやtwitterを見に行くこともなく、作業がはかどります。

そして、良い具合に集中できます。

感覚的には、倍増で作業

気をつけるのは、Chromeです。ゲームできちゃうんですよね。オフラインだと。

ネットは便利なのですが、定期的にオフラインの時間を作り、作業を進めるようにします。

この記事を読んでいる人は、こんな記事も読んでいます

知的生産の技術 (岩波新書)
梅棹 忠夫
岩波書店
売り上げランキング: 5,787

この記事を書いた人 :

profile2016autumn

ブロガー・Web&Blogコーチ・親指シフトユーザー・orzレイアウト考案者。WordPressが得意。HTML・CSS・PHPも熟知し広範囲の知識を持つ。

誰でもインターネットを活用できる時代だから、頭でモヤモヤしている「こんなのを実現したいなぁ」を引き出して形にし実現させるお手伝い、そして、インターネットを上手に使えるようにサポートするのが得意です。

iPhoneやAndroidなどのガジェット、デジタルだけでなく文房具などのアナログなツールも大好きです。写真や旅を楽しむこと、おいしいお食事、楽しい・ワクワクすることが大好きです。

Twitterやfacebookでも情報発信中、よろしければフォローしてください。



Instagram
follow us in feedly

ご依頼・講座開催情報はこちら

ブログ・情報発信でお困りごと、モヤモヤ、解決。あなたのステップアップをサポートしています。

広告

情報発信コンサルティング・コーチ

Web・ブログのコンサルティング・ご相談のご依頼を受け付けております。
・Webを活用して本気でビジネス・人生を切り開きたい方
・Webのテクニカルな改善でお悩みの方
・アイディアはあるのに、記事の文章にするのがうまくいかない方
・親指シフトを本気で習得したい方

そんな多様なお悩み、そして、さらに隠れていて見えないお悩みもダイレクトにアドバイス。ブログ2400記事をアウトプットした経験に基づく良質なノウハウ・スキルを手に入れてください。時間の大切さを感じてるあなたへオススメです。

お申し込みは
お問い合わせフォーム
からお願いします。

うまく表示されない時は
こちらをご覧下さい。

お申し込みは
お問い合わせフォーム
からお願いします。

こちらの記事も役立ちます