倍速で仕事が進む Macをネットワークからオフラインで作業したら生産性がびっくりするほど上がる

倍速で仕事が進む Macをネットワークからオフラインで作業したら生産性がびっくりするほど上がる

MacBookPro 13インチ(2013年モデル)をメインマシンにしています。

自宅では、27インチのThunderboltディスプレイに接続し、広い画面で快適に作業して、いるはずなんですが、実はあらかじめ予定を立てた作業がなかなか終わらない日々です。

原稿用紙やポメラだと仕事が捗る

最近、原稿用紙に向かって万年筆でブログ原稿を書いているときや、ポメラDM200を使って親指シフトタイピングしている方が、集中した状態で知的生産が行えているし、作業効率が良いことに気づきました。

本来は、逆なハズなんです。MacBookProの方が、性能良い、画面も広い、キーボードもタイピングしやすい、なのに、成果は逆なんです。

どうして、そうなるのか?

ついついネットを見ている

違いは、ネットに繋がっているか?どうか?でした。

MacBookProでは、作業の割り込みが起きる原因の通知はオフにしています。

でも、作業中に調べ物をするために、ブラウザーを開いたときに、そのまま作業を中断して、他の作業(いや、作業って言わないかな、具体的にはfacebookだもの)をしてしまって、気がつけば時間が過ぎているんです。

ネットを切ればいい

そこで、MacBookProで作業するときに、ネットをOFFにしました。

無線LANは、画面右上のWiFiアイコンをOFFにすれば、切れます。

Thunderboltディスプレイの有線LANをどうする?

困ったのが、自宅のThunderboltディスプレイに接続している有線LANです。Thunderboltディスプレイは使いたいわけですが、OFFにするために、LANケーブルを抜くのはナンセンスです。

ディスプレイにはネットワークのOFFスイッチもありません。

iPhoneのように、機内モードのようなスイッチもMacBookProにはありません。あっ機内モードだと、有線LANだと通信しますね。あくまで、イメージです。

環境設定からOFFに

やっぱり、LANケーブル抜くの?と、思いながら「環境設定」の「ネットワーク」を開いて「Thunderbolt Ethernet」の項目を見ると、

「OFF」にするを発見しました。

ちょっとめんどうですが、ケーブルを抜くことに比べると、お手軽、便利です。

実際に、設定を変更しネットが切れている状態で、文章を書くと、通知もないし、他のサイトやfacebookやtwitterを見に行くこともなく、作業がはかどります。

そして、良い具合に集中できます。

感覚的には、倍増で作業

気をつけるのは、Chromeです。ゲームできちゃうんですよね。オフラインだと。

ネットは便利なのですが、定期的にオフラインの時間を作り、作業を進めるようにします。

この記事を読んでいる人は、こんな記事も読んでいます

知的生産の技術 (岩波新書)
梅棹 忠夫
岩波書店
売り上げランキング: 5,787

著者プロフィール

ものくろ(大東 信仁)
ものくろ(大東 信仁)
ブロガー・Web&Blogコーチ。親指シフト orzレイアウト開発者。ブログは月間65万PVを記録(2016年1月)。200回を超えるワークショップ開催・のべ1,000名のブログサポートに携わる。WordPressが得意。

詳しいプロフィールはこちら

もっと
試行錯誤したこと
について読む