MacBookPro 15インチ(2016年) Touch Barモデルを購入 2kgの重さを切ったのが決め手

  • ブックマーク
  • Feedly

2016年3月31日、Apple 銀座にて、MacBookPro 15インチ 2016 Touch Barモデルを発注しました。

チョイスしたのはフルカスタマイズモデルです。本体カラー「スペースグレイ」を選択しました。

スペック

  • CPU : 2.9GHzクアッドコアIntel Core i7
  • ストレージ : 1TB SSD
  • メモリ : 16GB
  • グラフィックス : Radeon Pro 460(4GB GDDR5)
  • Touch IDセンサー・Touch Bar
  • Thunderbolt 3ポート × 4
  • キーボード : JIS配列準拠キーボード(日本語配列)

Apple 銀座のお店に置いてあるMacから、Appleオンラインへ注文する形でした。

重さが 1.8 kgになったことが決め手

もともとは13インチのMacBookPro 2013年モデルを使っていました。

なぜ、15インチを選択したのか?は、今回のMacBookPro15インチの重さは 1.83 kgになり、2 kgを切りました。

いままで15インチを選ばなかった理由が「重たい」ことだったからです。

前の15インチモデルは、2.04 kgでした。2016年モデルは、約10パーセント軽くなっています。使っている2013年モデルの13インチは、1.57 kgなので、今回の重さなら毎日持ち歩いても大丈夫です。

実は、2011年頃、15インチのMacBookPro(Mid 2010)を持ち歩いていました。重かったんです。何しろ、2.54 kgでしたから。

日本全国を行き来する生活です。毎日持ち歩くために、本体の重さは軽さを優先したいのです。その点で、いままで使っていたMacBookPro 13インチはバランスの良い名機です。

とはいえ、画面の表示面積は広くありません。自宅作業の時は、27インチのThunderbolt Displayを外付けモニターに接続しています。

Appleリンゴマーク

最大1,920 x 1,200ピクセルの広い画面

画面の広さは、作業のやりやすさに直結し、時間を節約できることを、この外付けモニターを使ってから実感しています。

「いままでなんで狭い画面で作業していたんだ、時間をドブに捨てていた」ワケです。

15インチのRetinaモニターは最大1,920 x 1,200ピクセルの広い画面表示が利用できます。

いちばん大切な時間への投資

購入価格は高くなりますが、時間を買うために、15インチを選びました。

文頭で紹介したようにフルカスタマイズモデル、約1週間ほど納期がかかります。今のMacが壊れてからでは、カスタマイズモデルを発注する時間余裕が難しいです。

3月31日までは、24回払い金利0パーセントキャンペーンと、USB-Cコネクターの販売価格がお得だったこともあり、発注しました。

こちらの記事もよく読まれています

たった1日で即戦力になるMacの教科書
技術評論社 (2017-03-17)
売り上げランキング: 20,374
  • ブックマーク
  • Feedly

この記事を書いた人

ものくろ(Webコーチ)

フリーランスのブロガー・Web&Blogコーチ。個人・法人様を問わず、情報発信をコンサルティングとサポートしています。( 活動実績はこちら

親指シフトのorzレイアウト開発者でもあり、日本語入力のエキスパート。

ブログは月間65万PVを記録(2016年1月)したことも。200回を超えるワークショップ開催・のべ1,000名のブログサポートに携わっています。

WordPressが得意です。WordPressコミュニティのイベントにも参加しております。お会いした時はよろしくお願いします。

東京 秋葉原に拠点と住民票がありますが、大阪や名古屋を中心に、日本を移動しながら仕事をしつつ暮らしています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします

今日のピックアップ記事はこちら