Incase 15インチICON Sleeve (MacBookPro15インチ 2016モデル)を愛用して半年経過、やっぱり選んで良かった

  • ブックマーク
  • Feedly

MacBookPro 15インチ 2016モデルを2017年4月に購入し、安心して持ち運びできるように購入したのが「Incase 15インチICON Sleeve」ケースです。

半年使ってみて、価格以上の価値があると感じたのでお伝えします。

「Incase 15インチICON Sleeve」ケース

どうしてこれを選んだのか

MacBookPro 15インチ 2016モデルは、それまでの15インチモデルと比較すると、大幅に薄くなっています。

2015年モデルが、18 mmだったのに対して、2016年モデルは15.5 mm です。2.5mmとの数字だけを見ると、そんなに薄くなったのか?となりますが、実機を比較するとその厚みの違いが良くわかります。

毎日持ち歩く前提だから、このモデルを選びました。持ち歩かないなら iMacの方が良いですし。

そこで安心して持ち歩くためにケースを購入しようとなり、この本体の薄さを活かしたケースを探しました。そこで目に止まったのが、この「Incase 15インチICON Sleeve」ケースです。

見た目の良さと、薄さを損なわないデザイン、薄くても収納した本体を保護するために、ケースの四方を取り囲んでいるEVAバンパーフレーム、デザインと保護機能を兼ね備えています。

「Incase 15インチICON Sleeve」ケース

しかも、MacBookProを出し入れする部分は、マグネットを使ったスマートな形です。

「Incase 15インチICON Sleeve」ケース 出し入れ口

買うときに悩んだ点

一つ目の悩みどころは、その7,800 円(税別)という価格です。とはいえ、「値段で悩むときは買いである」ことを学んできたので、このプライスの価値はあるはずと納得しました。

2つ目の悩みどころは、グレイかブラックか?です。汚れが目立ちにくいのは、ブラックだと思うのですが、グレイの方が洗練された雰囲気だったので、グレイを選びました。

それより迷ったのが、MacBookProを持ち運ぶときに、収納したい鞄に、このケースが入るのか?という問題です。

収納する鞄は、リモワのキャリーケースです。このケースには、PC収納鞄が内蔵されていて、この収納鞄に入らない場合は、残念ながら、このケースを諦めるしかなくなります。

「Incase 15インチICON Sleeve」ケースは、四方にバンパーフレームが装備されているため、薄いケースだけど、サイズはMacBookPro15インチより一回り以上も大きくなります。

Webサイトに掲載されているサイズだと、ギリギリ入るか?入らないか?判断できない微妙な雰囲気です。

結論からお伝えすると、実際には問題なく、収納鞄に入りました。しかし、購入するために、Apple銀座を訪れたときは、リモワの鞄を持ってきておらず、確認が出来きませんでした。

Appleストアで購入したときは、14日以内に下の条件を満たせば、「期待した製品でなく満足できなかった」ことを理由として返品手続きが可能です。この制度を利用すれば、ケースが鞄に入るのか?を心配せずに購入できます。

返品条件はこちらのリンク先を確認ください。

実際に購入して、パッケージを綺麗に保ったまま、リモワの収納鞄に入れてみたら、ちょうどぴったり入りました。

鞄の上におくと、ギリギリサイズなことがわかりますが、鞄は厚みがあるPCを入れられる設計のため、問題なく収納できます。

「Incase 15インチICON Sleeve」ケースを収納するカバンに合わせたところ

半年使って

半年使ってみて、不満点はないです。マグネットの取り出し口も、ファスナーのものより素早く開け閉めできて便利です。毎日使うアイテムにふさわしく、使えば使うほど愛着がでるデザインです。

持ち運ぶときの安心感もあり、満足して使っています。気になるグレイの汚れですが、角の付近がちょっと変色している部分がありますが、それほど汚れず、綺麗なまま使えています。

  • ブックマーク
  • Feedly

この記事を書いた人

ものくろ(Webコーチ)

フリーランスのブロガー・Web&Blogコーチ。個人・法人様を問わず、情報発信をコンサルティングとサポートしています。( 活動実績はこちら

親指シフトのorzレイアウト開発者でもあり、日本語入力のエキスパート。

ブログは月間65万PVを記録(2016年1月)したことも。200回を超えるワークショップ開催・のべ1,000名のブログサポートに携わっています。

WordPressが得意です。WordPressコミュニティのイベントにも参加しております。お会いした時はよろしくお願いします。

東京 秋葉原に拠点と住民票がありますが、大阪や名古屋を中心に、日本を移動しながら仕事をしつつ暮らしています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします

今日のピックアップ記事はこちら